慟哭の家

講談社文庫
ドウコクノイエ
  • 電子あり
慟哭の家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

妻と障害を抱えた息子を殺し、自殺を図るも生き残った一人の男。複雑な家庭環境ゆえの無理心中として同情が集まる中、男は強硬に自らの死刑を望む。弁護を引き受けることになった長嶋駿斗は、接見を重ねるごとに、この事件への疑問を抱き始める。「愛しているから、殺しました」。この言葉に真実はあるのか。社会の「無関心」が生んだ、家族の「悲劇」。江上剛が迫る、家族の「絆」とは。


この殺人は愛情か、それとも独善か。
社会の「無関心」が家族の「悲劇」を生む。

妻と障害を抱えた息子を殺し、自殺を図るも生き残った一人の男。複雑な家庭環境ゆえの無理心中として同情が集まる中、男は強硬に自らの死刑を望む。弁護を引き受けることになった長嶋駿斗は、接見を重ねるごとに、この事件への疑問を抱き始める。「愛しているから、殺しました」。この言葉に真実はあるのか。

<居場所>さえあれば、人間は生きていける--。
江上剛が迫った、「家族の絆」。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 事件
  • 第二章 弁護士
  • 第三章 被告人
  • 第四章 希望なき子
  • 第五章 ノーマライゼーション
  • 第六章 殺すことは愛情か
  • 第七章 生まれるべきではない子がいるのか
  • 第八章 裁判
  • 第九章 論告求刑
  • 第十章 審判
  • エピローグ

製品情報

製品名 慟哭の家
著者名 著:江上 剛
発売日 2015年03月13日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-293086-4
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年2月にポプラ社から単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る