光る牙

講談社文庫
ヒカルキバ
  • 電子あり
光る牙
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

厳冬の北海道、消息を絶ったカメラマン捜索のため、若き森林保護官はスキーを履き、険しい山中へ向かう。カメラマンは無残な遺体で発見され、手負いの羆は銃殺され事件は一件落着したかに見えた。しかし、噛み跡はその羆のものより遙かに巨大だった。最強の野生動物「羆」との壮絶な死闘を描く、元自衛隊の、期待の大型新人による傑作山岳小説。

はかりしれない自然への畏怖の念。血が騒ぎます。胸をうちます。冒険小説ファンは必読。驚くぞ。読むべし!―池上冬樹(文芸評論家)

生きとし生けるものすべてへの畏敬の念が静かに満ちている。―角田光代(作家)

むせかえるような自然と獣の匂い、五感の全てを刺激する傑作。―さわや書店フェザン店 松本大介

目次

  • プロローグ
  • 一章 白い谷
  • 二章 食害
  • 三章 銃声
  • 四章 タンデムベルト
  • 五章 凶弾
  • 六章 発火点
  • エピローグ

製品情報

製品名 光る牙
著者名 著:吉村 龍一
発売日 2015年03月13日
価格 定価:704円(本体640円)
ISBN 978-4-06-293062-8
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年3月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:吉村 龍一(ヨシムラ リュウイチ)

1967年山形県南陽市生まれ。高校卒業後自衛隊入隊。除隊後、近畿大学豊岡短期大学卒業。2012年に第6回小説現代長編新人賞受賞作『焔火』でデビュー。本書が2作目となる。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る