カントの時間論

講談社学術文庫
カントノジカンロン
  • 電子あり
カントの時間論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

西洋哲学を通じて時間に関する思索は二つの異なった道をたどってきた。一つはアリストテレスに典型であるように、時間を外的物体の運動との連関で思索する道であり、もう一つはアウグスチヌスに典型であるように、時間を記憶や予期や知覚などの「こころ」のあり方との連関で思索する道である。カントの時間論にはこの二つの道が豊かに流れ込んでいる。客観的時間が「心」のあり方を決める時間であること、それをカントはめざした。


時間に関するすべての現象を取り込み、細部まで誠実に検討を重ねること。カントが「時間」探求において頑なに保持したのはこの姿勢であった。物体の運動を可能にする客観的時間が自我のあり方を決める時間であることをいかに精確に記述することができるのか。『純粋理性批判』全体に浸透している時間構成に関するカントの深い思索を読み解く。

目次

  • 序章・問題の提起/第一章・時間を構成する作用としての「われ思う」/第二章・時間の経験的実在性(1)/第三章・時間の経験的実在性(2)/第四章・時間の超越論的観念性

製品情報

製品名 カントの時間論
著者名 著:中島 義道
発売日 2016年04月12日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-292362-0
通巻番号 2362
判型 A6
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、岩波現代文庫『カントの時間論』として、2001年に岩波書店より刊行されました。

著者紹介

著:中島 義道(ナカジマ ヨシミチ)

1946年生まれ。ウィーン大学で哲学博士号取得。「哲学塾カント」主宰。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る