鉄炮伝来――兵器が語る近世の誕生

講談社学術文庫
テッポウデンライ
鉄炮伝来――兵器が語る近世の誕生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新たな兵器は、いかに伝わり、普及したのか。「種子島に漂着したポルトガル人が伝えた」という常識を覆し、武器から戦国史を見直す。

目次

  • 1 鉄炮伝来の実像 〈新兵器渡来の謎〉
  • 2 西南戦国大名の新兵器受容 〈国内への伝播〉
  • 3 東国の戦国大名と鉄炮 〈東への波及〉
  • 4 統一政権の成立と鉄炮の定着 〈小銃から大砲へ〉
  • 5 海を渡った火縄銃 〈アジアへの伝播〉
  • 6 徳川政権誕生と火砲 〈動乱から平和へ〉
  • 7 砲術の成立 〈火薬製造法から秘伝書へ〉
  • 8 日本鉄炮研究小史 〈立ちおくれた体系化〉

製品情報

製品名 鉄炮伝来――兵器が語る近世の誕生
著者名 著:宇田川 武久
発売日 2013年05月10日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-292173-2
通巻番号 2173
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1990年に中央公論社より刊行されたもの。

著者紹介

著:宇田川 武久(ウダガワ タケヒサ)

1943年東京都生まれ。國學院大学大学院博士課程修了。国立歴史民俗博物館教授を経て、現在、同名誉教授。おもな著書に『瀬戸内水軍』『日本の海賊』『鉄砲と戦国合戦』『江戸の炮術』『真説・鉄砲伝来』ほか。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス