「私」の秘密――私はなぜ〈いま・ここ〉にいないのか

講談社学術文庫
ワタシノヒミツワタシハナゼイマココニイナイノカ
  • 電子あり
「私」の秘密――私はなぜ〈いま・ここ〉にいないのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「私とは何か」と問う者こそが、「私というあり方」をする者である。過去と現在、両立しえない二つの時間をつなぐ能力こそが、「私」である。時間論と身体論の邂逅によって「私」という不可思議な存在の謎に迫り、「私というあり方」は解き明かされてゆく。既存の哲学の焼き直しでなく、自身のことばで考え抜かれたまったく新しい自我論が立ち上がる! (講談社学術文庫)


「私」とはなにか
時間論・身体論との出会いが解き明かす不可思議な存在の謎

「私とは何か」と問う者こそが、「私というあり方」をする者である。過去と現在、両立しえない二つの時間をつなぐ能力こそが、「私」である。時間論と身体論の邂逅によって「私」という不可思議な存在の謎に迫り、「私というあり方」は解き明かされてゆく。既存の哲学の焼き直しでなく、自身のことばで考え抜かれたまったく新しい自我論が立ち上がる!

まったく新しい自我論の誕生
あなたは、この本のページを捲っているその右手がなぜあなたの右手であるのか、考えたことがありますか? しっかりと身体を支えているその両足がなぜあなたの両足であるのか、この文字を追っているその眼がなぜあなたの眼であるのか、考えたことがありますか? 本書はこういう問いに答えるものです。――<本書「原本あとがき」より>

※本書の原本は、2002年11月、小社より講談社選書メチエ『「私」の秘密――哲学的自我論への誘い』として刊行されました。

目次

  • 第一章 「私とは何か」という問いの特殊性
  • 第二章 知覚の現場に私はいない
  • 第三章 見えるものと見えさせるもの
  • 第四章 想起とその主体としての私
  • 第五章 観念に対する者としての私
  • 第六章 「この」身体から「私の」身体への転換
  • 第七章 他者たちの成立
  • 第八章 不在としての私
  • エピローグ 私の死

製品情報

製品名 「私」の秘密――私はなぜ〈いま・ここ〉にいないのか
著者名 著:中島 義道
発売日 2012年09月11日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-292129-9
通巻番号 2129
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、2002年11月、小社より講談社選書メチエ『「私」の秘密―哲学的自我論への誘い』として刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る