怪物ベンサム 快楽主義者の予言した社会

講談社学術文庫
カイブツベンサムカイラクシュギシャノヨゲンシタシャカイ
  • 電子あり
怪物ベンサム 快楽主義者の予言した社会
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

功利主義者、パノプチコン創案者。近代批判の中で忘却されたベンサム。しかし、この怪物の構想は現代にも生きている。死刑廃止、動物愛護、都市衛生、同性愛擁護、さらにはチューブによる社会通話システム、冷蔵庫……。人間を快感と欲望の中に配置し、自我の解体をも試みた男。19世紀最大の奇人啓蒙思想家の社会設計図を解読し、その背景を解明する。(講談社学術文庫)


功利主義者、パノプチコン創案者。近代批判の中で忘却されたベンサム。しかし、この怪物の構想は現代にも生きている。死刑廃止、動物愛護、都市衛生、同性愛擁護、さらにはチューブによる社会通話システム、冷蔵庫……。人間を快感と欲望の中に配置し、自我の解体をも試みた男。19世紀最大の奇人啓蒙思想家の社会設計図を解読し、その背景を解明する。

ベンサムというのは徹底して変な人である。……著者が発見したベンサムは近代を切り開いた人物ではなくて、現代の予見者だった。ベンサムは19世紀のロマン主義や歴史主義とはまったく関係がない。19世紀を跳び越して、20世紀と、いや21世紀とさえじかにつながっているのだ。これは大変な創見といわねばならない。 ――<「解説」より>

※本書の原本『ベンサムという男 法と欲望のかたち』は、青土社より1993年刊行されました。

目次

  • プロローグ ワレ、発見セリ(ユーレイカ) 1769年・夏
  • 第一部 愛と欲望の監視建築
  • 第二部 不条理な世界に抗する
  • 第三部 「改革」の世紀=18世紀
  • 第四部 ロシアという経験
  • 第五部 社会工学技師
  • エピローグ 1800年

製品情報

製品名 怪物ベンサム 快楽主義者の予言した社会
著者名 著:土屋 恵一郎
発売日 2012年01月12日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-292092-6
通巻番号 2092
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本「ベンサムという男 法と欲望のかたち」は、青土社より1993年刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る