だれのための仕事――労働vs余暇を超えて

講談社学術文庫
ダレノタメノシゴトロウドウタイヨカヲコエテ
  • 電子あり
だれのための仕事――労働vs余暇を超えて
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

たのしい仕事もあればつらい遊びもある。仕事/遊び、労働/余暇という従来の二分法が意味を消失した現代社会にあって、わたしたちが生きることを支えているものはなにか、それは「働く」ことと「遊ぶ」こととどのようなかかわりがあるのか――。人間性の深みまで掘り下げて労働観・余暇観の歴史にせまり、人間活動の未来像をさぐる、清新な労働論。(講談社学術文庫)


「働く」ことと「遊ぶ」こと
われわれの日々の活動とその価値はどこへ向かい、どのように変化してゆくのか

たのしい仕事もあればつらい遊びもある。仕事/遊び、労働/余暇という従来の二分法が意味を消失した現代社会にあって、わたしたちが生きることを支えているものはなにか、それは「働く」ことと「遊ぶ」こととどのようなかかわりがあるのか――。人間性の深みまで掘り下げて労働観・余暇観の歴史にせまり、人間活動の未来像をさぐる、清新な労働論。

わたしたちが仕事のなかにもとめる移行の感覚とは、未来のために現在を犠牲にする<前のめり>のものではなく、むしろ同時的なものであろう。それは他者との関係のなかで<わたし>の変容を、そして<わたしたち>の変容を、期するものであるから。「希望はつねに帰郷であるとともに、何かある新鮮な新しいものである」。<希望>という、この美しいことばで、「途上にある」という移行の感覚を表現したのが、ガブリエル・マルセルであった。――<本書第四章より>

※本書の原本は、1996年、岩波書店より刊行されました。

目次

  • 第一章 前のめりの生活
  • 第二章 インダストリアスな人間
  • 第三章 深い遊び
  • 第四章 <労働>vs<余暇>のかなたへ
  • 補章 いまひとたび、働くことの意味について

製品情報

製品名 だれのための仕事――労働vs余暇を超えて
著者名 著:鷲田 清一
発売日 2011年12月13日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-292087-2
通巻番号 2087
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1996年、岩波書店より刊行された。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!
特集・レビュー
【まとめ】仕事に悩んだら読む本。新人も使える「働き方のヒント集」
社会人ってなんだろう? 働くってなんだろう? 毎日そんな疑問や不安を抱える人も少なくはないはずです。今回は新社会人になったみなさんや就職活動中の学生のみなさんを励ませる、あるいはみなさんがこれからの指標にできる本を、前後編に分けてご紹介しましょう。

オンライン書店で見る