江戸落語 誕生と発展

講談社学術文庫
エドラクゴタンジョウトハッテン
  • 電子あり
江戸落語 誕生と発展
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鹿野武左衛門、烏亭焉馬、三笑亭可楽、林屋正蔵……。江戸落語の立役者たち。元禄期に遡る落語は、始祖武左衛門の流罪で途絶。棟梁にして、熱狂的団十郎贔屓の焉馬が、「咄の会」を運営、中興の祖になるのが百年後。机から高座への移行、短い落とし咄の連結、狂歌との関連、寄席の登場、怪談の導入等々、落語形成過程を克明に活写。(講談社学術文庫)


落語の立役者、武左衛門、焉馬、可楽、正蔵江戸落語はいかにして形成されたのか? 元禄期に誕生するも一旦途絶。「下町派の講頭」烏亭焉馬が主宰する「咄の会」を中心に、落語の輪が益々広がる過程を活写

(原本『落語はいかに して形成されたか』を改題・全面改稿)

目次

  • 1
  • 鹿野武左衛門
  • 烏亭焉馬
  •  下町派の講頭
  •  江戸落語中興の祖
  • 2
  • 『太平楽巻物』
  • 咄の会
  • 3
  • 三笑亭可楽
  • 林屋正蔵
  • 付 翻刻『太平楽巻物』
  • 解説 上方落語史の視点から――荻田清

製品情報

製品名 江戸落語 誕生と発展
著者名 著:延広 真治
発売日 2011年04月13日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-292044-5
通巻番号 2044
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1986年、平凡社から刊行された「落語はいかにして形成されたか」に「元禄文学の流れ」(1992年、勉誠社刊)所収「鹿野武左衛門」を加え、全面改稿したもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る