骨から見た日本人 古病理学が語る歴史

講談社学術文庫
ホネカラミタニホンジンコビョウリガクガカタルレキシ
  • 電子あり
骨から見た日本人 古病理学が語る歴史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

骨は情報の宝庫である。古病理学は古人骨を研究対象とし、現代の医学で診断し、その個体の病気の経過と症状を明らかにする。骨にあらわれたヒト化の道のり、縄文人の戦闘傷痕と障害者介護、弥生時代以降の結核流行、江戸時代に猖獗をきわめた梅毒と殿様のガン……。発掘された人骨を丹念に調べあげ、過去の社会構造と各時代の与件とを明らかにする。(講談社学術文庫)


歴史の襞に埋もれた骨が語るもう一つの歴史

縄文人の戦闘傷痕、古墳時代の結核流行、江戸時代に猖獗をきわめた梅毒……。
情報の宝庫である古人骨を丹念に調べ、過去の社会構造と時代の与件を明らかにする。

目次

  • プロローグ 古病理学からみえる世界
  • 第一章 化石にあらわれた病気──人類進化の世界
  •  1 最初に花を愛でし人びと──ネアンデルタール人の病気
  •  2 ピテカントロプスの生命力
  •  3 ヒト化への道のり──最古の人類・ルーシーの骨は語る
  • 第二章 強く生きる──よみがえる縄文の世界1
  •  1 過酷な狩猟採集活動
  •  2 戦いはいつはじまったか──「牧歌的社会」をくつがえす
  • 第三章 福祉と介護──よみがえる縄文の世界2
  •  1 障害と向き合う──縄文人の介護社会
  •  2 ガン患者第一号──人骨にあらわれた日本最古のガン症例
  •  3 ストレスは語る──古代の人びとを検診する
  • 第四章 日本人誕生──結核は何をもたらしたか
  •  1 骨に残された結核
  •  2 結核が在来人を襲う
  • 第五章 刀と病と極楽と──鎌倉の世界
  • 第六章 江戸を生きる──命長ければ病多し
  •  1 江戸の徒花・梅毒
  •  2 命長ければ病多し
  • エピローグ 現代人の骨の老化と死への想い
  • あとがき
  • 学術文庫版あとがき
  • 参考文献
  • 付録 骨からの情報を読む

製品情報

製品名 骨から見た日本人 古病理学が語る歴史
著者名 著:鈴木 隆雄
発売日 2010年01月14日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-291978-4
通巻番号 1978
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1998年小社より刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る