「音漬け社会」と日本文化

講談社学術文庫
オトヅケシャカイトニホンブンカ
「音漬け社会」と日本文化
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

機械音・放送音に溢れた社会の感受性とは? 電車・バスの車内放送、防災行政無線の呼びかけ、商店街の案内や呼び込みのアナウンスなどの「騒音」に苦痛を感じる著者。抗議は日本社会に受け入れられるのか。

目次

  • 第1信 「音漬け社会」
  • 第2信 「言霊の国」
  • 第3信 なぜ日本人は「あの音」に耐えられるのか?
  • 第4信 理屈よりも感情を優先
  • 第5信 日本人もすてたものではない
  • 第6信 日本人(個人)と日本人(集団)
  • 第7信 大多数の信念という不気味なもの
  • 第8信 他者を理解せよ
  • 第9信 誠実さと自己欺瞞
  • 第10信 完全な理解はない

製品情報

製品名 「音漬け社会」と日本文化
著者名 著:中島 義道 著:加賀野井 秀一
発売日 2009年03月12日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-291939-5
通巻番号 1939
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 2007年『「うるさい日本」を哲学する』のタイトルで小社より刊行

書店在庫を見る