考えるよろこび

講談社文芸文庫
カンガエルヨロコビ
  • 電子あり
考えるよろこび
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江藤文学への最高の入門書。『漱石とその時代』執筆当時に行った、若き著者の知性とユーモア溢れる講演録。表題作の他「転換期の指導者像」「英語と私」など、全6編ーーアメリカから帰国し、名作『漱石とその時代』を準備中の、1968年から69年にかけて行われた若き日の6つの講演。現代における真の「英知」とは何か……歴史を探り、人物を語り、表現の謎に迫り、大学や国際化の意味を問う。軽妙なユーモアと明快な論理、臨場感あふれる語り口で、読者を一気に江藤文学の核心へといざなう。多くの復刊待望の応え、甦った歴史的名講演集。
※本書は、講談社文庫『考えるよろこび』(1974年9月)を底本としました。

目次

  • 考えるよろこび
  • 転換期の指導者像――勝海舟について
  • 二つのナショナリズム――国家理性と民族感情
  • 女と文章
  • 英語と私
  • 大学と近代――慶応義塾塾生のために

製品情報

製品名 考えるよろこび
著者名 著:江藤 淳
発売日 2013年10月11日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290209-0
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 講談社文庫「考えるよろこび」(1974年9月)を底本としたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る