愛国者たち

講談社文芸文庫
アイコクシャタチ
  • 電子あり
愛国者たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

異能の私小説家の知られざる名作ーー昭和24年、日本訪問中のロシア皇太子ニコラスへの暗殺未遂事件=大津事件に関わった愛国者たち……。津田三蔵、畠山勇子、明治天皇、児島惟謙らを軸に、歴史の変動の渦中にあつ人間を見つめた表題作、ほか7篇。戦後日本の転換点に直面した異能の私小説作家が、自己の文学的葛藤と追究の痕跡を刻印した、独自の私小説風世界の魅力が横溢する作品集。平林たい子文学賞受賞作品。
※本書は、『愛国者たち』(1973年11月、講談社刊)を底本としました。

目次

  • 愛国者たち
  • 孫引き一つ
  • 接吻
  • 山川草木
  • 風景小説
  • 私々小説
  • キエフの海
  • 老友

製品情報

製品名 愛国者たち
著者名 著:藤枝 静男
発売日 2013年04月11日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290193-2
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「愛国者たち」(1973年11月、講談社刊行)を底本として多少ふりがなを調整したもの。本文中明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。

オンライン書店で見る