震える舌

講談社文芸文庫
フルエルシタ
  • 電子あり
震える舌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

その予感は娘の発作で始まった。極限の恐怖に誘われる衝撃の作品ーー平和な家庭での、いつもの風景の中に忍び込む、ある予兆。それは、幼い娘の、いつもと違う行動だった。やがて、その予感は、激しい発作として表れる。<破傷風>に罹った娘の想像を絶する病いと、疲労困憊し感染への恐怖に取りつかれる夫婦。平穏な日常から不条理な災厄に襲われた崇高な人間ドラマを、見事に描いた衝撃作。
◎距離が伸びる時には父親として病気に向き合い、距離が縮む時、一人の人間として感染症の恐怖に怯える中で語られる心の葛藤は、医学小説のそれではなく、もちろん恐怖小説のものでもなく、強いて言うなら、極めて純粋な戦記文学を読んでいる印象です。確かに、今まで読んだ全ての小説の中で、病棟という「戦場」の真実がここまで正確に描かれた作品を知りません。<石黒達昌「解説」より>

製品情報

製品名 震える舌
著者名 著:三木 卓
発売日 2010年12月11日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-290108-6
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 新潮文庫「震える舌」(1980年)を底本として使用した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る