やさしい女・白夜

講談社文芸文庫
ヤサシイオンナビャクヤ
  • 電子あり
やさしい女・白夜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小金にものを言わせ若い女を娶った質屋がその妻に窓から身投げされ、テーブルの上に安置された遺体を前に苦渋に満ちた結婚生活を回想する――。人を愛すること、その愛を持続することの困難さを描いたドストエフスキー後期の傑作「やさしい女」とヴィスコンティによる映画化で知られる初期の佳品「白夜」を読みやすい新訳で収録。


ロシア文学の実験精神が到達した高み 新訳による中篇2作収録

小金にものを言わせ若い女を娶った質屋がその妻に窓から身投げされ、テーブルの上に安置された遺体を前に苦渋に満ちた結婚生活を回想する――。人を愛すること、その愛を持続することの困難さを描いたドストエフスキー後期の傑作「やさしい女」とヴィスコンティによる映画化で知られる初期の佳品「白夜」を読みやすい新訳で収録。

井桁貞義
長篇小説で知られるドストエフスキーだが、同時に中篇小説の名手でもあった。そしてその文学的背景に、1840年代から1870年代にかけてのロシア文学全体に共通する表現方法(フォルム、ポエチカ)の真剣な模索があった。(略)ロシアの作家たちは人間そのものをとらえ、その心の動きを運動のまっただなかで表現することに向かっていた。(略)ここに訳出した2つの「愛をめぐる」中篇小説『白夜』(1848年)と『やさしい女』(1876年)も、そうしたロシア文学の模索の到達点を、それぞれに示したものと言える。――<「解説」より>

目次

  • やさしい女
  • 白夜
  • 解説 井桁貞義

製品情報

製品名 やさしい女・白夜
著者名 著:ドストエフスキー 訳:井桁 貞義
発売日 2010年08月11日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-290096-6
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 やさしい女『群像』2010年7月号、白夜、新訳。

オンライン書店で見る