哈爾濱詩集・大陸の琴

講談社文芸文庫
ハルビンシシュウタイリクノコト
  • 電子あり
哈爾濱詩集・大陸の琴
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「きみは我が忘れもはてぬはるびんなりしか。はるびんよ……。昭和12年4月、旅行嫌いの犀星が、生涯でただ1度の海外(満洲)旅行に出かけた。「古き都」哈爾濱は、犀星の詩心を刺激し、後年『哈爾濱詩集』となる抒情詩の数々を産ませ、また、満洲で棄て子捜しをする男を中心に、船上で出逢った人々の荒唐無稽な人生を描いた小説『大陸の琴』を書かせた。本書は、随筆「駱駝行」他3篇を併録した<大陸もの>作品集。


犀星の高揚期に描かれた大陸もの作品の精華。
昭和12年4月、旅行ぎらいの犀星が生涯でただ一度の海外旅行(朝鮮満州旅行)に出かけた。その折に生まれた表題作の詩集・小説と随筆「駱駝行」他2篇を収録。

目次

  • 哈爾濱詩集 (詩)
  • 大陸の琴 (小説)
  • 駱駝行・あやめ文章 (随筆)
  • 駱駝行
  • 生菜料理
  • 大陸の春
  • あやめ文章

製品情報

製品名 哈爾濱詩集・大陸の琴
著者名 著:室生 犀星
発売日 2009年09月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-290062-1
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 新潮社刊「室生犀星全集」第7巻(1964年9月)を底本とし、新漢字新かな遣いに改めた(ただし、詩については旧かな遣いのまま)。多少ふりがなを加え、明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。

オンライン書店で見る