単線の駅

講談社文芸文庫
タンセンノエキ
  • 電子あり
単線の駅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和50年、野間文芸賞を受賞した回想記『あの日この日』に収めることのできなかった、とっておきのエピソードをまとめた「こぼれ話」を中心に、小田原・下曾我の自宅周辺の草木の観察から、公害問題や文明観への言及、また、尾崎士郎、檀一雄、浅見淵、大岡昇平、木山捷平ら文学者の思い出など、随筆57篇を収録。身近な自然を愛し、老いの日々を淡々と生きる著者晩年の、深い人生観照にもとづく滋味深い一冊。


深い人生観照にもとづく、著者晩年の随筆集 小田原下曽我で暮らす日々の雑感から、若き日の回想、志賀直哉、武者小路実篤、木山捷平ら文学者の思い出、自作についてなど、ユーモアただよう珠玉の随筆58篇

製品情報

製品名 単線の駅
著者名 著:尾崎 一雄
発売日 2008年10月12日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290027-0
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 講談社刊「単線の駅」(1976年11月)を底本とし、明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る