室町記

講談社文芸文庫
ムロマチキ
  • 電子あり
室町記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本文化の核を育み、社会の階層をかき回した、渾沌と沸騰の200年! 豊かな乱世の絢爛たる文化ーー
日本の歴史の中でも室町時代の200年ほど、混乱の極みを見せた時代はなかった。が、一方では、その「豊かな乱世」は、生け花、茶の湯、連歌、水墨画、能・狂言、作庭など、今日の日本文化の核をなす偉大な趣味が創造された時代でもあり、まさに日本のルネサンスというべき様相を呈していた。史上に際立つ輝かしい乱世を、足利尊氏や織田信長らの多彩な人物像を活写しつつ、独自の視点で鮮やかに照射する。

製品情報

製品名 室町記
著者名 著:山崎 正和
発売日 2008年09月12日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290026-3
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「室町記」(1985年2月、講談社文庫刊)を底本とした。明らかな誤植と思われる箇所は正し、振り仮名を適宜、増減したが、原則として底本に従った。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る