日中戦争 殲滅戦から消耗戦へ

講談社現代新書
ニッチュウセンソウセンメツセンカラショウモウセンヘ
  • 電子あり
日中戦争 殲滅戦から消耗戦へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

近代日本にとって最大最悪の戦争だった日中戦争。軍事力で圧倒する日本が弱敵・中国に惨敗したのはなぜだったのか? 両国の戦略の違い、その根底にある国民性の違いまで分析し、これからの日中関係を見通す決定版! 新史料『検閲月報』から、両国民の封印された「肉声」の数々も紹介。


近代日本にとって最大最悪の戦争だった日中戦争。
軍事力で圧倒する日本が弱敵・中国に惨敗したのはなぜだったのか?
両国の戦略の違い、その根底にある国民性の違いまで分析し、
これからの日中関係を見通す決定版!
新史料『検閲月報』から、両国民の封印された「肉声」の数々も紹介。

目次より

●満洲事変がもたらした誤算
●起きるべくして起きた南京虐殺
●殲滅戦略戦争の破綻
●蒋介石の消耗戦略はなぜ生まれたか
●欺かれた汪兆銘
●二つのパワー
●『検閲月報』が明かす両国民の本音 など

目次

  • 序章 殲滅戦争と消耗戦争
  • 第1章 開戦への歩み
  • 第2章 破綻した戦略
  • 第3章 傀儡の国
  • 第4章 見果てぬ夢
  • 第5章 二つのパワー
  • 第6章 『検閲月報』を読む

製品情報

製品名 日中戦争 殲滅戦から消耗戦へ
著者名 著:小林 英夫
発売日 2007年07月19日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-287900-2
通巻番号 1900
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る