望月弥栄 斎姫繚乱

講談社X文庫ホワイトハート
モチヅキノイヤサカイツキヒメリョウラン
  • 電子あり
望月弥栄 斎姫繚乱
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

寛仁2年(1018年)。<神の子>としての能力(ちから)を持ち続けるため、夫、義明とは契りを結ばずに暮らしている宮だが、最近はなぜか寂しさを感じ始めていた。そんな折、神木に取り込まれた重家が発見される。愛しい長屋王の生まれ変わりが重家と知った<月の姫>香久夜(かくや)は、毎晩「神木=重家の魂」に寄り添っていた。その姿を見た宮の心も震えだす(講談社X文庫ホワイトハート)。


行方不明だった重家、見つかる!! 宗像明神に捕われていた重家を宮と義明は取り戻す。が、香久夜が探していた長屋王の魂は重家の身体に宿っていた。香久夜は重家を月の世界に連れていくのか!?

製品情報

製品名 望月弥栄 斎姫繚乱
著者名 著:宮乃崎 桜子 絵:浅見 侑
発売日 2008年05月02日
価格 定価:605円(本体550円)
ISBN 978-4-06-286526-5
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る