すし食いねえ

スシクイネエ
  • 電子あり
すし食いねえ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸の屋台すしの人気店「与兵衛ずし」のひとり息子・豆吉と、内店のナンバーワン寿司店「松が鮨」の娘・おきょうが主人公。豆吉は、与兵衛ずしを立派な内店にしたいと、おとっつあんを助けて頑張っています。ところが、ある日とつぜん店を訪ねてきた若侍・文四郎の窮状を聞き、おきょうとともにひと肌脱ぐことに。もちろんマグロも穴子もヒラメもタコも総登場で、若先生を救え!物語の、はじまりはじまり。


子どもたちの大好きな食べものは、いまもむかしもおすしがダントツ! この物語の主人公は、江戸時代の屋台すしの人気店「与兵衛ずし」のひとり息子・豆吉と、内店のナンバーワン寿司店「松が鮨」の娘・おきょうです。豆吉は、おとっつあんを助けて、なんとか与兵衛ずしを立派な内店にしたいと頑張っています。ところが、ある日とつぜん店にやってきた若侍・文四郎の窮状を聞き、おきょうとともにひと肌脱ぐことに。おとっつあんが岡惚れしているお冬さん、寺子屋のやぎ先生となかまたち、勘定奉行の松平さま……みんな巻き込みながら、もちろんマグロも穴子もヒラメもタコも登場して、若先生を救え! の物語の、はじまり、はじまりーっ!
読めば読むほど、歴史が好きになる! おすしが食べたくなる! 小学生から読める痛快グルメ時代小説、誕生!

目次

  • もくじより
  •  一 なぞの若侍と通りがかりの娘
  •  二 お冬さんと骨ぬき
  •  三 もっこく塾と新入生
  •  四 エンガワと小天狗
  •  五 尾行とちょんまげ
  •  六 駕籠訴と次の手 
  •  七 深編み笠と団子
  •  八 ふきげんと玉子渦巻
  •  九 席書とやけ食い
  •  十 包帯と御前試合
  •  十一 かわらばんとサヨリ
  •  十二 団子断ちとマグロ
  •  十三 十三夜とにぎりずし
  •  エピローグ

製品情報

製品名 すし食いねえ
著者名 著:吉橋 通夫 絵:佐藤 真紀子
発売日 2015年07月03日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-283232-8
判型 四六
ページ数 226ページ
シリーズ 文学の扉

著者紹介

著:吉橋 通夫(ヨシハシ ミチオ)

吉橋通夫(よしはし・みちお)
1944年、岡山県生まれ。法政大学卒。「季節風」同人。「たんばたろう」(TBSブリタニカ)で毎日童話新人賞受賞。「京のかざぐるま」(岩崎書店)で日本児童文学者協会賞受賞。「なまくら」(講談社文庫)で野間児童文芸賞、京都水無月大賞受賞。ほかに、「風の海峡」(上下巻、講談社)「官兵衛、駆ける。」(講談社)「風雪のペン」(新日本出版社)などの著書がある。

絵:佐藤 真紀子(サトウ マキコ)

佐藤真紀子(さとう・まきこ)
1965年、東京都生まれ。
挿画を担当した作品に、「バッテリー」シリーズ(あさのあつこ、教育画劇)、『なまくら』(吉橋通夫、講談社)、『糸子の体温計』『かあちゃん取扱説明書』(いとうみく、童心社)など多数。

オンライン書店で見る