リンデ

リンデ
リンデ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

犬のリンデがおしえてくれた、生きることの、たしかさ。

だいすきなママを事故で亡くし、自分をうしないかけた少年リロと、飼い主のおばあちゃんを亡くし、リロの家にやってきた大型犬リンデ。死と生を、やわらかく問いかける、秋から冬への物語。

……でも、ひとにはそれぞれ、じぶんの「階段」があるんだ。リロは、ゆっくりとじぶんにいいきかせる。それは、ママが亡くなって、砂嵐におそわれたリロのもとに、半年間かよってくれた心理療法士のおばさんの言葉だった。それぞれの階段は、ほかの子と大きさや長さをくらべるためではなく、じぶんのつかいかたで、だいじにつかうためにあるのだそうだ。リロは、じぶんの階段をだいじにしようと思う。それは、まずはガメンとのたたかいに勝つことだ。――<本文より>

製品情報

製品名 リンデ
著者名 作:とき ありえ 絵:高畠 純
発売日 2011年12月14日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-283221-2
判型 四六
ページ数 226ページ
シリーズ 文学の扉

おすすめの本