ふゆの ゆうがた

絵本
フユノユウガタ
ふゆの ゆうがた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ある冬の日の夕方。お留守番をしている女の子は、くもった窓にお月様の絵を描いていました。するとそのお月様の絵の中に、お母さんの姿が小さく見えて……! 詩と絵がとけあう絵本。

・訳/谷川俊太郎さんからのメッセージ
ぼくはひとりっ子のお母さん子で、お母さんのかえりがおそいと、ひとりでしくしく泣いているような子でしたから、このえほんに出てくる女の子の気もちはよくわかります。
みちのむこうからこっちへあるいてくるお母さんをみつけて、この子はわくわくしてるんです。ふゆのゆうがたって、なんだかこころぼそいんですよね。ゆきがふっていたりするとよけいね。そとはさむい、でもうちの中はあったかい。だからがらすまどがくもっています。ひとりはさむい、でもお母さんはあったかい。だからこころの中がふゆなのになつになります。そしていつのまにか、ゆきはほしになって、きらきらかがやいています。くるまがいっぱいはしっている大きなまちなのに、このえほんの中はしずかです。

【対象年齢:4歳から 家族/冬の絵本】

製品情報

製品名 ふゆの ゆうがた
著者名 文:ホルヘ・ルハン 絵:マンダナ・サダト 訳:谷川 俊太郎
発売日 2009年12月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-283040-9
判型 A4変型
ページ数 28ページ
シリーズ 講談社の翻訳絵本