今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々

イマウェブハタイカチュウデスガナニカクリックムケンジゴクニオチタヒトビト
今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●内容紹介
みんなが持ち上げるTwitterなんて、本当はただの「暇つぶし駄文垂れ流しツール」じゃん!
辻希美、イチロー、島田紳助、新山千春、ダルビッシュ紗栄子……たちを叩いて面白いのか?
「デジタルネイティブ」なんて、単に「約束できない奴ら」「本を読まない奴ら」だろ?
……など、『ウェブはバカと暇人のもの』著者が、ありあまるウェブ上の抱腹絶倒バカ事例を紹介・分析し、流行と通説に「NO!」を突きつけ、今回は「ネット万能論=ネット教」とその信者たちをガツンとぶっ叩く。ネットへの「夢」と「可能性」をバッサリ批判しつつ疾走する、怒りと笑いの最強ウェブ論!

著者からのメッセージ
「私は断言する。ネットほど不気味で、不自由で、窮屈で、疲れる場所はない、と。
それは、ネット万能論を信奉する『ネット教信者』と暇人のせいだ。
やたらと新しい言葉を生み出し、『世界を変える!』『革命だ!』と煽る人々、Twitterというオモチャが大好きな『かまってちゃん』たち、太っているというだけの人を『豚野郎』と叩く連中、何にでも文句をつけるクレーマーども……。彼らの本当の姿を暴き、「ネットへの期待と幻想=ネット教」を終わらせるために、私はこの本を書いた。
ネットはとんでもなく便利な道具。ただそれだけだ。
本当に大切な人も、人生も、思い出も、ネットには存在しない」

ブログもSNSもあなたの人生を何も変えない。ブロガーイベントも企業の業績を上げない。
「オバマ大統領がTwitterを使っていた」なんてウソだったじゃん!
ウェブの「集合知」なんて一部の頭の良い人の世界で、ユーザーの大多数は芸能人のブログにどうでもいいコメントをつける人たちだ。もうネットへの「期待」を語るのはやめよう。もっと現実とリアルな世界を見よう! ――と、軽妙かつアグレッシブな語り口で「今ここにある真実」を語る一冊。

目次

  • はじめに ネットのすごさは分かるけど、ネットに疲れてしまったすべての人へ
  • 第1章 今日も誰かがボコボコに叩かれている
  • 滝川クリステルと青木裕子の炎上騒動/「原爆をもう一回落とす前に国へ帰れ、クソったれジャップ!」/「爆笑問題・太田vs殺害予告男」テレビ対決のてんまつ…
  • 第2章 いつまでも罵倒を続ける暇人と、常に可能性を説くネット教信者
  • ネットの「自民優勢」予想はなぜ大はずれしたのか/あまりにも多かった選挙特番へのバカ投稿/衝撃的な梅田氏の「残念」発言…
  • 第3章 ネットは芸能人とバカなファンのパラダイス
  • 堪忍袋の緒が切れたガリガリガリクソン/美人代議士のオッパイ丸出しDVDは4万円…
  • 第4章 ネットの通説はウソばかり――「夢」と「煽り」に騙されるな
  • 「妹にオナニーを見られた時の反応」スレッド/クラウドコンピューティング=「グーグルを使え」ってこと?…
  • 第5章 本当に大切な人も仕事も人生も、ネットにはない
  • あまりに不気味なオフ会/ネットを熱く語る人はラーメン評論家と同じ…
  • (目次より抜粋)

製品情報

製品名 今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々
著者名 著:中川 淳一郎
発売日 2009年12月19日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-282127-8
判型 四六
ページ数 258ページ

著者紹介

著:中川 淳一郎(ナカガワ ジュンイチロウ)

(なかがわ・じゅんいちろう)
ニュースサイト編集者、PRプランナー。
1973年、東京都生まれ。97年、一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局で企業のPRを担当し、2001年退社。しばらく無職で過ごした後、ライターや雑誌『テレビブロス』編集者などを経て、06年からニュースサイトの編集者になる。編集や執筆の他、企業向けにネットでの情報発信に関するコンサルティングやプランニング、講義も行っている。09年、ネット漬け生活の結果得た知識を基に書いた著書『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)が、世間の「ネット礼賛論」を正面から批判したとして反響を呼ぶ。

書店在庫を見る