ポケット版 ドラゴン・イングリッシュ 基本英文100

講談社+α文庫
ポケットバンドラゴンイングリッシュキホンエイブン100
  • 電子あり
ポケット版 ドラゴン・イングリッシュ 基本英文100
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • PART1 時制 001~040
  • コミュニケーションにおいて「時制」は、失敗が許されない重要なポイント。まずは、日本語では区別しにくい「現実」か「仮想」かの識別訓練から始めよう。次に「~する」という動作動詞の自制を考えてみよう。すべてはそれが出発点となる。
  • PART2 論理 041~064
  • 「なぜオーストラリアに行きたいの?」という問いに対して「コアラが見たいから」と非論理的な答えしかできない人は、「なぜ日本の動物園ではなくて、オーストラリアの動物園でコアラが見たいのか」と考える習慣を持つこと。とにかく「英語に訳す」前に、論理の是非をとことん吟味しよう。
  • PART3 文の組み立て 065~081
  • 「誰が誰に何を伝えたいのか?」これを吟味した後に、文の組み立てを考えること。主語の設定を始めとする文の組み立てを確認しよう。
  • PART4 その他の重要表現 082~100
  • 「好きな人から映画に誘われるという経験」も「私が高校生であるという事実」も、日本語ではどちらも「という」で済ませてしまうが、英語ではやはり異なるルールが存在する。そのルールを覚えよう。
  • あとがきにかえて――英単語の学習について
  • 基本英文100リスト

製品情報

製品名 ポケット版 ドラゴン・イングリッシュ 基本英文100
著者名 著:竹岡 広信
発売日 2016年02月19日
価格 定価:968円(本体880円)
ISBN 978-4-06-281640-3
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2005年9月に小社より刊行された『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』を改訂し、文庫化したものです。

著者紹介

著:竹岡 広信(タケオカ ヒロノブ)

1961年生まれ。洛南高校、京都大学工学部、同文学部卒業。「生徒に英語を好きになってほしい」という思いから英語教師に。駿台予備学校、洛南高校で講師を務め「英作文の鬼」との異名を持つ。竹岡塾主宰。「日本の英語教育をよくしたい」という思いが反映された講義はいつも満員で、東大合格者へのアンケートで、「あの先生のおかげで英語が克服できた」ともっとも信頼されたカリスマ英語講師。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る