日本をダメにしたB層の研究

講談社+α文庫
ニッポンヲダメニシタビーソウノケンキュウ
  • 電子あり
日本をダメにしたB層の研究
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「いつから日本はこんなに駄目になったのか?」――すべての日本人の素朴な疑問に答える本が誕生した! 「騙され続けるB層」とそれを利用し、踊らせ続けるA層――この構図が日本人をくだらなくさせている元凶である。政治、文学、芸術、音楽、グルメ、スポーツ、あらゆる分野で破綻を見せ始めている「近代大衆社会」の行く末をこの上なくわかりやすく解説する教養としてのエンターテインメント。


依然として安倍内閣の支持率が落ちない中、現代日本で起こっているさまざまな「くだらない」現象を読み解くキーワードが「B層」である。著者はすでに「ゲーテの警告」「ニーチェの警鐘」の二冊の+α新書で、偉大なる哲学者、教養人の言葉を引きながら、近代大衆社会の末路が現在であり、それを象徴しているのが「B層」の横行であることを指摘し、多くの支持を得ている。
「B層」=比較的IQの低い、騙されやすい人間たち、の特徴を細かく解説しながら、多くのB層に支持された民主党がかくも無様に崩壊した理由、そしてまた懲りもせず橋下徹の一挙手一投足に一喜一憂するB層の「勘違い」の害毒を、あらゆるジャンルで分析しながら、あぶりだしていく。

目次

  • B層用語辞典
  • はじめに 参加したがる時代
  • 第一章 B層とはなにか?
  • 知らないことは言わないほうがいい 偽史はこうしてつくられる B層は単なる無知ではない B層は陰謀論が好き 大衆とB層との違い  神奈川県を独立国にする? 現代人の未来信仰 ほか
  • 第二章 今の世の中はなぜくだらないのか?
  • B層が行列する店 氾濫するB層鮨屋 デブブームは不健康ブーム 口パクを擁護する B層を利用する英会話ビジネス 国際人など存在しない 保守を偽装する人 大学教授の学力崩壊 人権派が政治をダメにする ほか
  • 第三章 今の政治家はなぜダメなのか? 
  • 小沢一郎の正体 土井たか子と小沢の売国活動 ポピュリズムはなぜ暴走したのか。 橋下徹というデマゴーグ ほか
  • 第四章 素人は口を出すな!
  • 国民は成熟しない 誰もが参加したがる時代 全体主義のロジック 民主主義はキリスト教カルト 「民意は悪魔の声である」 ほか
  • おわりに 新しいものはたいてい「嘘」

製品情報

製品名 日本をダメにしたB層の研究
著者名 著:適菜 収
発売日 2015年09月18日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-281621-2
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2012年10月に小社より単行本として刊行されました。文庫化にあたり、文章の一部を削除し、修正を加えました。第三章に「安倍晋三が進める国の解体」「大衆社会とパッケージ」「或阿呆の一生」、第四章に「オーウェルと言葉の破壊」を『日本をダメにしたB層用語辞典』から組み込みました。

著者紹介

著:適菜 収(テキナ オサム)

1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。早稲田大学で西洋文学を学び、ニーチェを専攻。卒業後、出版社勤務を経て現職。著書に、ニーチェの代表作「アンチクリスト」を現代語にした「キリスト教は邪教です!」(講談社+α新書)「はじめてのニーチェ」(飛鳥新社)「ゲーテに学ぶ賢者の知恵」(だいわ文庫)「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体」(講談社+α新書)「ニーチェの警鐘 日本を滅ぼす『B層』の害毒」(講談社+α新書)「世界一退屈な授業」(星海社新書)などがある。

オンライン書店で見る