最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇

講談社+α文庫
サイゴノヒノマリーアントワネットハプスブルクケノレンゾクヒゲキ
  • 電子あり
最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

20世紀初頭まで、ヨーロッパ最大の王朝を誇っていたハプスブルク家。その終焉に輩出した華麗な5大スターを襲った悲劇を語る!マリー・アントワネット、マクシミリアンメキシコ皇帝、シシーと呼ばれたエリザベート王妃、ルドルフ皇太子、フランツ・フェルディナント大公夫妻の最期は、処刑、暗殺、心中と、あまりに悲劇的だった。時の皇帝、フランツ・ヨーゼフを悲しみの淵に沈めた彼らの物語とは。文庫書き下ろし。


王妃は最期の瞬間まで、今までに例をみないほど並外れて優雅な人だった……
栄華を極めた一族。それぞれの悲運の散り際を描く。

20世紀初頭まで、ヨーロッパ最大の王朝を誇っていたハプスブルク家。その終焉に輩出した華麗な5大スターの悲劇を語る!
マリー・アントワネット、マクシミリアン、シシーと呼ばれたエリザベート王妃、ルドルフ皇太子、フランツ・フェルディナント大公夫妻の人生は華麗であると同時に、その最期は処刑、暗殺、心中と、あまりに悲劇的だった。時の皇帝フランツ・ヨーゼフを悲しみの淵に沈めた彼らの物語とは?

文庫書き下ろし

目次

 はじめに

第一章 最期の日のマリー・アントワネット
 喪服の王妃
 幻の脱出計画──カーネーション事件
 過酷な終のすみか
 屈辱の朝

第二章 メキシコに散った若きマクシミリアン
 謹厳実直な皇帝と朗らかな貴公子
 歓迎された結婚
 メキシコ皇帝誕生
 皇妃シャルロットの懇願
 若い皇帝を襲う危機

第三章 ルドルフ皇太子の悲惨な情死
 血まみれの死
 ひと目ぼれ
 宮廷を襲った衝撃

第四章 レマン湖のほとりで終焉を迎えたシシー
 皇妃の旅路
 美貌の皇妃

第五章 サラエヴォに轟いた銃声 フランツ・フェルディナント大公夫妻暗殺
 皇位継承者の歓迎されない結婚
 あまりに悲劇的な偶然

 主な参考資料

製品情報

製品名 最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇
著者名 著:川島 ルミ子
発売日 2013年05月21日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-281517-8
判型 A6変型
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社+α文庫

オンライン書店で見る