新装版 続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ

講談社+α文庫
シンソウバンゾクキミニツイテイコウニョウボウガウチュウヲトンダ
  • 電子あり
新装版 続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これは宇宙を飛んだ妻・千秋氏の姿が克明に描かれると同時に、夫婦の愛情が独特のタッチで表現されたエッセイの傑作です。この作品に触発されて、漫画家・小山宙哉が作り上げたのが、モーニングの大人気連載『宇宙兄弟』なのです。2012年3月~5月「宇宙兄弟』がアニメ化、映画化されるのに合わせて復刻いたします。


輝ける夫婦愛
宇宙兄弟の「素」

地球に帰還してきた女房に、宇宙でいちばん感動したことを聞かされて、夫は驚いてしまった。それは実に意外な内容だった……。そんなことを口にした宇宙飛行士は、誰一人いなかった。だが、“オレの女房だからこそ、そういうことに感動したんだ”と納得。宇宙を飛ぶ女房を地上から見守り続けた夫が綴る、驚きと感動の宇宙飛行体験記。巻末に書き下ろしエッセイ「私と宇宙兄弟(3)」を収録。

●ああ! そうだっだんだ、宇宙飛行って、打ち上げが大事なわけじゃないんだ、本当に大事なのは、これからなんだ……
●女房が苦しんでいるという可能性が少しでもあるのなら、オレにはしなければならないことがある。女房を地上から励まさなければ!
●「結婚指輪は紐で体にくっつけてるから大丈夫だからね」バカヤロウ、結婚指輪をなくさないいちばん確実な方法は指にちゃんとしてることなんだよ!
(本文より)

※本作品は1998年9月、小社より刊行された『女房が宇宙を飛んだ』を文庫収録にあたり、加筆、再編集しました。

目次

  • 第一章 秒速八キロメートルをめざして
  • やっぱり、私が行くからね
  • 落下し続けている!
  • 地球の姿って貴婦人のようだ
  • これが宇宙酔いなのか
  • 第二章 ケーブルテレビ
  • 家族護衛宇宙飛行士
  • 宇宙の女房にファックスを送れる
  • 男の見栄を張ってしまった
  • NASAセレクトを見る態勢
  • スペースシャトルのトイレ
  • 二週間の休暇を勝ち取る
  • とっても気持ちよく眠れた
  • 第三章 キュウリとナス
  • 私の大事な役目
  • レモネードの湯たんぽ
  • 宇宙では身長が伸びる?
  • 今夜のオカズはキュウリとナス
  • なぜ返事をよこさないんだ
  • 第四章 ビハインドの意味
  • 宇宙飛行士のオフィス
  • 女房を待つの慣れてんのよ
  • オレの女房が劣っているなんて!
  • ミッション・コントロール・センターの中
  • キャプコムの声
  • 第五章 秘密回線
  • 宇宙の女房と直接交信
  • 絶対日本語で交信してやるぞ
  • レディ・ファースト
  • ただ今、マイクの試験中
  • 人生最高の思い出の品
  • 操縦席には誰も座っていない
  • 地球帰還ごっこゲーム
  • スペースシャトルの飛行姿勢
  • 天井歩きツアー
  • 第六章 世界の女性宇宙飛行士たち
  • 二六番目の女性宇宙飛行士
  • 女性宇宙飛行士に医師が多い理由
  • ネックレスが見つかった
  • 塩水を一リットル飲む
  • 打ち上げのときとエラク違う
  • 私がいちばん心配していたこと
  • 第七章 地球帰還
  • 宇宙滞在時間世界記録
  • みんなで地球をよく見ておこう
  • 宇宙開発事業団をナメちゃいけない
  • オレンジ色の飛行服
  • 地球に向かって落っこちていく
  • ボールペンが落ちるわよ!
  • 拍子抜けした登場
  • 意外な連想
  • 世界記録の会話
  • どうなってんの、ワタシ
  • 帰ってきたよぉ~
  • 第八章 重力を感じる!
  • 地球の重力ってすごい
  • 紙ってこんなに重いんだ……
  • 私、とっても寂しい
  • 鉄火肌の女性
  • 老眼鏡をかけた宇宙飛行士
  • 感謝のパーティー
  • 井戸の置物
  • 日本訪問旅行
  • コロンビア号との再会
  • 赤い糸
  • 第九章 人生観は変わりましたか?
  • 何も変わっていない
  • 人生観とは?
  • 地球に似合うのは『皇帝』
  • 地球の重力と再遭遇

製品情報

製品名 新装版 続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ
著者名 著:向井 万起男
発売日 2012年03月20日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-281406-5
判型 A6変型
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 1998年9月、小社より刊行された「女房が宇宙を飛んだ」を文庫収録にあたり、加筆、再編集した。

オンライン書店で見る