ここまでわかった「科学のふしぎ」

講談社+α文庫
ココマデワカッタカガクノフシギ
ここまでわかった「科学のふしぎ」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「常識」はくつがえる!
人間の祖先が恐竜を食べ、脳以外の臓器も考える。摩訶不思議な新発見のミステリー!!

賢い人の脳はシワが多いなんて大ウソ。鳥の祖先が「始祖鳥」なんて時代遅れ?地球温暖化の原因は「雲」だった!?学校で習ったあなたの「常識」は、とっくの昔に過去のもの。気鋭の科学ジャーナリストが、最新研究から超非常識なオモシロ科学雑学まで、くつがえった数々の定説、本邦初公開の新説・珍説を紹介。雑談にちょっと挟めば、周りの見る目が変わること間違いなし。楽しく読んで、笑えて、実社会でも役に立つ。お得な新感覚「雑学読本」!

●人間のあくびはイヌにもうつる!?
●「鉄はさびやすい」はウソだった!
●「満月の日にお産が多い」説の正体
●新発見!肉食のクモに「草食系」がいた
●「コロンブスが梅毒を持ち帰った」は本当だった!

製品情報

製品名 ここまでわかった「科学のふしぎ」
著者名 著:白石 拓
発売日 2010年03月20日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-281352-5
判型 A6変型
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α文庫