粋な日本語はカネに勝る!

講談社+α文庫
イキナニホンゴハカネニマサル
  • 電子あり
粋な日本語はカネに勝る!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

落語の世界や江戸しぐさの粋な言葉や行動基準を身につけ、カネの有無や「勝ち組」「負け組」という言葉に左右されない自己を確立する! 人気落語家が書く、カネがなくても人生を楽しく、かっこよく生きる知恵! ※本書は平成20年4月に小社より刊行された『新・大人の粋』を文庫化にあたり改題、加筆、修正したものです。


江戸時代から昭和にかけて、日本人は「粋か野暮か」で人を判断し、カネ持ちでも垢抜けない行動をすれば容赦なく批判した。
現代では格差が広がり、「粋」という言葉が死語になりつつある。
しかしそんな今だからこそ、落語の世界や江戸しぐさの粋な言葉や行動基準を身につけ、カネの有無や「勝ち組」「負け組」という言葉に左右されない自己を確立すべきである。
人気落語家が書く、カネがなくても人生を楽しく、かっこよく生きる知恵!

目次

  • 文庫版まえがき
  • 第1章 粋か、野暮か
  • 野暮用
  • 様子がいい
  • おきゃん
  • お中元
  • 楽屋の粋な客
  • おつきあいを前提に……
  • 手打ち式
  • お富さん
  • おしも
  • 折れ口
  • 粋なボクサー
  • これでよしなに
  • お安くないね
  • 遊び上手
  • 着物の粋
  • お悔やみ
  • 焼香は三回?
  • 香典の相場
  • 墓碑銘
  • オウム返し
  • 鰹を辛子で
  • 行動する青年
  • 小股の切れ上がった
  • 吟行
  • 冷えもん
  • イナセ
  • 誰だっけ?
  • 第2章 酒席は「こなから」で引き上げる
  • おあいそ
  • こなから
  • 嫌われる客
  • プロは口が固い
  • 謝罪のプロ
  • とりあえずビール
  • 鍋三羽烏
  • 野暮を極める
  • 鉄管ビール
  • 一見さん
  • お馴染みさん
  • 手締め
  • 第3章 江戸の粋に学ぶ
  • 江戸しぐさ
  • 親呼んでこい
  • 下らねえ
  • うかつあやまり
  • お晩でした
  • お騒々しいこって
  • 江戸わずらい
  • 江戸前
  • お膝送り
  • 裏を返す
  • タクシー
  • 四文屋
  • 第4章 判じものが分からない
  • 春夏冬二升五合
  • 恐れ入谷の……
  • 有りの実
  • 恋わずらい
  • ヌキで一杯
  • ホの字
  • 妾って何?
  • キセル乗車
  • 金属泥棒
  • 前座と真打
  • 二つ目貧乏
  • あごあしまくら
  • ギャンブル入門
  • 七つ屋
  • 土左衛門
  • 天が許しません
  • 第5章 立川談志、落語界の教え
  • ヨイショ上手(1)
  • ヨイショ上手(2)
  • 赤ちゃんは女の子
  • 蕎麦屋の作法
  • お年玉
  • 食ってから尋け
  • 志ん朝師匠の形見
  • 付かず離れず
  • 鳴かず飛ばず
  • 受けた恩は後輩に
  • 並寿司一人前
  • 序列は難しい
  • 鮨即是食
  • 助六寿司
  • してはいけない話
  • 小間物屋
  • 一服してください
  • 了見する
  • 向こう三軒両隣り
  • 言い訳無用
  • 長屋の相談
  • 桜と落語
  • 祝儀袋
  • 第6章 落語家殺すにゃ刃物はいらぬ
  • 旅館のチップ
  • 着メロ着信
  • シチとナナ
  • ホリモノ
  • ごちそうさま
  • ……と思います
  • らしく ぶらず
  • 電車内マナー
  • 現金のありがたみ
  • 無法自転車
  • 客席のケータイ
  • マジとシャレ
  • 師匠と弟子
  • 稲荷寿司の不幸
  • ドジ棒
  • 出戻りかバツイチか
  • 謝罪ありき
  • いかず後家
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 粋な日本語はカネに勝る!
著者名 著:立川 談四楼
発売日 2009年10月21日
価格 定価 : 本体667円(税別)
ISBN 978-4-06-281324-2
判型 A6変型
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 2008年4月に刊行された「新・大人の粋」(講談社)を文庫化にあたり、加筆・修正したもの。

著者紹介

著:立川 談四楼(タテカワ ダンシロウ)

(たてかわ・だんしろう)
1951年、群馬県に生まれる。落語家。高校卒業後、立川談志に入門。古典本格派の実績があり、創作文芸落語のパイオニアとしても活躍。テレビ、ラジオの出演、講演のほか、新聞、雑誌に連載エッセイやコラムを書き続けている。特に「修業」や「日本語」に関する講演は、学校、企業、団体からの依頼が多い。小説には『シャレのち曇り』『師匠!』(以上、ランダムハウス講談社文庫)、『ファイティング寿限無』(ちくま文庫)、『一回こっくり』(新潮社)、『石油ポンプの女』(新潮文庫)、エッセイ集には『どうせ曲った人生さ』(毎日新聞社)、『寿限無のささやき』(暮しの手帖社)、『煮ても焼いてもうまい人』(エイ文庫)、『声に出して笑える日本語』『もっと声に出して笑える日本語』(以上、光文社知恵の森文庫)、漫画『山遊亭海彦』(講談社)の原作のほか、書評集『大書評芸』(ポプラ社)など多数がある。

オンライン書店で見る