大逆転の時代―日本復活の最終処方箋

講談社+α文庫
ダイギャクテンノジダイニホンフッカツノサイシュウショホウセン
大逆転の時代―日本復活の最終処方箋
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「大逆転の時代」とは、日本が潜在能力を発揮する時代。東京の一極集中に象徴される過密問題、地方の過疎、国民の高齢化。地方の活性化のためには「高速道路の無料化」が不可欠である。過密化した都市からの人やモノの大移動を引き起こすなど大胆な構造改革が実現すれば「日経平均株価10万円」も夢ではないのだ!! ※本作品は2004年11月、祥伝社から刊行された単行本を文庫収録にあたり加筆、修正したものです。


日経平均10万円を実現させる秘策を明かす 過密・過疎・高齢化。諸悪の根元のこれらの問題こそが、日本再生のカギ。どん底を見た日本が復活する方法は? 「高速道路無料化」の提言者が放つ、救国の書!

製品情報

製品名 大逆転の時代―日本復活の最終処方箋
著者名 著:山崎 養世
発売日 2008年06月27日
価格 定価:755円(本体686円)
ISBN 978-4-06-281211-5
判型 A6変型
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 2004年11月に祥伝社より刊行された単行本を文庫収録にあたり加筆、修正したもの。

書店在庫を見る