ぼけせん川柳一〇〇〇句

講談社+α文庫
ボケセンセンリュウイッセンク
  • 電子あり
ぼけせん川柳一〇〇〇句
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

イヤな世相に腹を立てるより、ちょっとひねったり、達観して眺めるのが川柳のココロ。その点、わが<ぼけせん町内会>の柳人は多士済々。粋なブラック川柳やナンセンス川柳、公正中立の大新聞にはけっして載らない激辛川柳、どこか哲学の趣ある含蓄川柳も続々登場します。「月刊現代」の人気連載を待望の文庫化。※本書は2004年3月、小社より刊行された『ぼけせん川柳三〇〇〇句』を、文庫化にあたり再編集しました。


やっぱり長寿特効薬!!
さぁ、笑って、泣かせて、唸らせてもらいましょう。小言爺(婆)のジジ川柳。
<巻末付録>いろは歌留多。

イヤな世相に腹を立てるより、ちょっとひねったり、達観して眺めるのが川柳のココロ。その点、わが<ぼけせん町内会>の柳人は多士済々。粋なブラック川柳やナンセンス川柳、公正中立の大新聞にはけっして載らない激辛川柳、どこか哲学の趣ある含蓄川柳も続々登場します。「月刊現代」の人気連載を待望の文庫化。大震災の1995年からオウム裁判、政界再編、企業破綻、18年ぶりタイガース優勝の2003年まで、列島の怒濤のごとき8年間を「川柳の目」で詠むとこうなります。

※本書は2004年3月、小社より刊行された『ぼけせん川柳三〇〇〇句』を、文庫化にあたり再編集しました。

製品情報

製品名 ぼけせん川柳一〇〇〇句
著者名 著:山藤 章二
発売日 2007年05月23日
価格 定価 : 本体686円(税別)
ISBN 978-4-06-281105-7
判型 A6変型
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 『月刊現代』’95年6月号~’04年1月号に連載された、「山藤章二の<ぼけせん町内会>」全100回のうち、36回分を抜き出したもの。’04年3月、小社より刊行された『ぼけせん川柳三〇〇〇句』を、文庫化にあたり再編集。

著者紹介

著:山藤 章二(ヤマフジ ショウジ)

山藤章二(やまふじ・しょうじ)1937年東京生まれ。風刺漫画家、イラストレーター。

オンライン書店で見る