サバイバー

講談社文庫
サバイバー
  • 電子あり
サバイバー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

何の前触れもなく、地球が崩壊した。全ての移動・通信手段は失われ、世界の人口は千分の一に。東京では、占い師に縋(すが)る者たち、瓦礫に落書きを描き続ける大人のグループ、徒党を組んでレイプを繰り返す男たち、リアルモンハンに興じる子ども集団が跋扈していた。そして駒沢公園跡に墜落したジャンボ機の中では、男が物語を綴り始めた――彼が書く、その理由とは何なのか!?


崩壊した東京で生き残るんだ!!
『悪夢』シリーズで話題沸騰の才人が描く戦慄の群像劇

何の前触れもなく、地球が崩壊した。全ての移動・通信手段は失われ、世界の人口は千分の一に。東京では、占い師に縋(すが)る者たち、瓦礫に落書きを描き続ける大人のグループ、徒党を組んでレイプを繰り返す男たち、リアルモンハンに興じる子ども集団が跋扈していた。そして駒沢公園跡に墜落したジャンボ機の中では、男が物語を綴り始めた――彼が書く、その理由とは何なのか!? 壊滅した終末の都市で、人間関係が奇妙に交錯していく。

製品情報

製品名 サバイバー
著者名 著:木下 半太
発売日 2015年02月13日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-277923-4
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年1月、講談社ノベルスより『サバイバー23区 東京崩壊生存者』として刊行されたものを改題しました。

著者紹介

著:木下 半太(キノシタ ハンタ)

1974年大阪府生まれ。映画専門学校中退後、脚本家・俳優として活動を始める。「劇団ニコルソンズ」主宰。全公演の脚本・演出を手掛ける。.2006年、『悪夢のエレベーター』で小説家デビュー。同書はベストセラーとなり、ドラマ化・映画化・舞台化された。その後も、『悪夢のドライブ』『悪夢のクローゼット』など「悪夢シリーズ」の執筆を続け、コミカルかつサスペンスフルな小説で人気を博す。他の著書に『暴走家族は回り続ける』『爆ぜるゲームメイカー』(ともに講談社文庫)など。

オンライン書店で見る