猫とあほんだら

講談社文庫
ネコトアホンダラ
  • 電子あり
猫とあほんだら
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

突如として引っ越しをしようと思ってしまった。雨の降る日に物件を見に行くと玄関の庇の下に小さな2頭の子猫が震えていた。漸く見つけた家にまず自宅の4頭が引っ越し、それから試行錯誤の末に一冬かかって仕事場にいる6頭のための新住居が完成して、一つ屋根の下で暮らせるように。人気シリーズ第3弾。


突如として引っ越しをしようと思ってしまった。雨の降る日に物件を見に行くと玄関の庇の下に小さな2頭の子猫が震えていた。漸く見つけた家にまず自宅の4頭が引っ越し、それから試行錯誤の末に一冬かかって仕事場にいる6頭のための新住居が完成して、一つ屋根の下で暮らせるように。人気シリーズ第3弾。

目次

  • 自宅に四頭、それ以外に六頭。ことここにいたった理由
  • 突飛な話の顛末
  • ばかでかい家、ふるえる子猫
  • おっさんの鳴き声
  • ドッグフォレストで傷心
  • かすかな光
  • 胡乱なおっさん、親身な兄チャン
  • 疑念は晴れぬまま
  • 寂しくて悲しくて
  • 君は南仏に行ったことがあるのか?
  • サッカー・ブラジル戦の夜だから
  • シャンパン。それは平安と凶悪
  • もしかしたら片方、見えてないかも知れない……
  • 私が戦国時代に生まれていたら
  • 学生時代の部活は“なに食わぬ顔部”、でござったか?
  • 大きな箱を捧げ持ちつつ、家の中をうろうろと
  • 奈奈は悪鬼、エルは羅刹のごとき表情で
  • 引っ越しがまごまごした、拠ん所ない事情
  • “Do it yourself”の精神がたぎれども
  • やはり設計ということが大事だ
  • やっぱり僕じゃないと駄目でしょ、とは言ったものの
  • 猫も私も荒んでしまった、あの年の正月
  • もはやこれまで。いよいよ、ハクション大魔王かっ!?
  • 茶室+トンネル+ログハウスの新住居が堂々完成
  • 通称、シャータン。それは猫における最大級の怒り
  • 小股の跳躍作戦を敢行。安堵の溜息。けれども!
  • すごいなあ、俺ら。なんて、傲慢になってはいけない
  • ここまでくるのは長かったが、やっと、ここまできた
  • 生きていれば事件が起きる。つか起きた。でもその前に……
  • 突飛・突破な性格のニゴが、誰もしなかったことをついに!
  • えらいこっちゃ、その様は完璧な野良猫であった
  • ニゴ君。いまは我が世の春を謳歌していればよい
  • 将来に希望を一切持てなければ人間は生きていられない
  • 私こと町田は、努力・忍耐ということが一切できない
  • 後で説明するからとにかくガムテープ持ってきて!
  • 猫がやりたいとおもえば世界征服も可能なのか
  • ああ、網だ。俺はクニャクニャになってしまう
  • 男らしくふるまうのを断念、クヨクヨネチネチと後悔した
  • 心の底、腹の底からなにを言っているのか、わからなかった
  • その結束力の強さをひとつ私に見せてくれ
  • うちにいた四年間で最初の、そして生涯最後の疾走であった
  • あとがき

製品情報

製品名 猫とあほんだら
著者名 著:町田 康
発売日 2014年07月15日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-277872-5
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年5月、小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る