飯盛り侍

講談社文庫
メシモリザムライ
  • 電子あり
飯盛り侍
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

佐嘉龍造寺家の足軽・弥八は、戦の後方支援を担う賄い方として、日々食糧調達に奔走していた。戦に傷ついた仲間にうどんを振る舞う弥八に目を留めた当主・隆信は、自らを満足させる飯を作らねば斬り捨てると言い渡す。傘代わりの鉄鍋を頭に、腰に包丁を差した“飯盛り侍”の一代記、開幕!<文庫書下ろし>


文庫書下ろし戦国小説 新シリーズスタート!

佐嘉龍造寺(さがりゅうぞうじ)家の足軽・弥八は、戦の後方支援を担う賄い方として、日々食糧調達に奔走していた。戦に傷ついた仲間にうどんを振る舞う弥八に目を留めた当主・隆信(たかのぶ)は、自らを満足させる飯を作らねば斬り捨てると言い渡す。陣笠代わりの鉄鍋を頭に、腰に包丁を差した“飯盛り侍”の一代記、開幕!

目次

  • 第一話 肥前の熊
  • 第二話 和議の飯
  • 第三話 昨日の友は
  • 第四話 忠義と立志

製品情報

製品名 飯盛り侍
著者名 著:井川 香四郎
発売日 2014年06月13日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-277847-3
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る