参謀

講談社文庫
サンボウ
  • 電子あり
参謀
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

名将・落合博満監督の右腕、懐刀として2004年から2011年までの8シーズン、ドラゴンズのコーチを務めた「名参謀」森繁和が、落合監督の素顔から、若手の育て方、強い組織の作り方を、8年間のドラゴンズでのエピソードを例に、余すところなく書いた。なぜドラゴンズは強かったのか? 落合采配はどこが凄かったのか? ジャイアンツを苦しめた選手起用の妙、徹底した情報管理の秘策などを、参謀ならではの視点で振り返る。


名将・落合博満監督の右腕、懐刀として2004年から2011年までの8シーズン、ドラゴンズのコーチを務めた「名参謀」森繁和が、落合監督の素顔から、若手の育て方、強い組織の作り方を、8年間のドラゴンズでのエピソードを例に、余すところなく書いた。なぜドラゴンズは強かったのか? 落合采配はどこが凄かったのか? ジャイアンツを苦しめた選手起用の妙、徹底した情報管理の秘策などを、参謀ならではの視点で振り返る。文庫化にあたり、2014年シーズンから復帰するにあたっての秘話、2013年夏にテレビで行った「落合×森」対談を特別掲載。

目次

  • 文庫版のためのまえがき
  • はじめに
  • 序章 投手会の夜
  • 第一章 なぜしぶといチームは完成したのか
  •      ●完全試合の山井を交代させた組織の強さ
  •      ●指導者の顔色をうかがような若手を作ってはならない
  •      ●監督のアイデアは受け売りせず自分なりに考えて選手に伝えた 
  •      ●対戦相手の気持ちになって戦略を練る
  •      ●飲みながら朝まで続けた昔話に成功のヒントがあった
  • 第二章 教えるより考えさせるコーチ術
  •      ●長時間放っておけば、伸びる投手は自分で考えだす
  •      ●「こうやれ!」ではなく、「こういうやり方もあるよ」がよい
  •      ●浅尾が今あるのは、周囲が厳しい組織だったから
  •      ●吉見こそ「長所を伸ばせ!」の成功例だ
  •      ●ドミニカで感じた、分け隔てなく面倒を見ることの大切さ
  • 第三章 落合博満監督の凄さ
  •      ●任せて、信じて、責任を取る
  •      ●調子が落ちそうなときこそ、より冷静になる
  •      ●チームの約束を決めたらぶれない、決して特例を作らない
  •      ●自分がいなくなる将来のことも若手のために常に考える
  •      ●チームには必ず波がある。苦しいときこそ大局的に考える
  •      ●監督の仕事はコーチを観察し、正しく評価すること
  •      ●現場の待遇をよくするために、あらゆる努力を惜しまない
  • 第四章 参謀の心得
  •      ●考え方は教えられない。答えは自分で見つけさせるしかない
  •      ●一度現場をふませると、その選手がやる気になる言い方がわかる
  •      ●リーダーのアイデアを実現することこそ「参謀」の一番の仕事
  •      ●チームの要に対しては、敬意を持った上で毅然とした言葉を使う
  •      ●組織図をシンプルに描ける組織が、いざというとき強い
  •      ●監督の耳に入れないで済むことは多いほどよい
  •      ●自分が任されているなら、部下にもしっかり任せて責任を取る
  • 終章 選手への愛情は決してなくさない
  • 特別篇 落合博満×森繁和 対談 (2013年夏 J SPORTS 収録)
  • 解説 吉見健明

製品情報

製品名 参謀
著者名 著:森 繁和
発売日 2014年03月14日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-277765-0
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は「参謀 落合監督を支えた右腕の「見守る力」」と題し、2012年4月に刊行された。文庫化にあたり、改題のうえ、一部を加筆・修正した。

著者紹介

著:森 繁和(モリ シゲカズ)

名将・落合博満監督に請われ2004年より8年間、中日ドラゴンズの黄金期を支えた名投手コーチ。1954年千葉県生まれ。駒大高、駒沢大学、住友金属を経て1978年、西武ライオンズにドラフト1位指名。西武ライオンズの黄金期を主に抑え投手、投手コーチとして支える。その後、大島監督の日本ハム、森監督の横浜で投手コーチを務め、中日の投手コーチ、のちヘッドコーチに。2011年シーズン終了時、落合監督とともに退任。2012年は野球解説者、プロ入り以来初めてユニフォームを脱いだ。確たる野球理論、面倒味のいい親分肌の人間力で、ベテランから若手まで選手達に慕われ続けた。落合監督とは社会人時代に日本代表として世界で戦った仲間。名将のカゲで、チーム作り、組織作りをサポート。森繁和の存在がなければ、投手王国・中日、名将・落合監督は誕生しなかったかもしれない。どの球団もどんな監督も欲しがる名指導者である 。2シーズン解説者を務めた後、2013年秋、落合氏はGMとして、森氏は谷繁新監督のもとでのヘッドコーチとして中日球団に復帰することが決定。2014年シーズンからの活躍が注目される。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る