剣客瓦版つれづれ日誌

講談社文庫
ケンキャクカワラバンツレヅレニッシ
  • 電子あり
剣客瓦版つれづれ日誌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

藩を二分する暗闘に巻き込まれ、斬殺された妻の志保が最後に残した言葉「え……ど」に導かれ、弓削玄之助は江戸をめざした。瓦版屋に身を寄せて事件の原稿を書きながら、妻の死の真相を探る玄之助のもとに、国元から次々と謎の刺客が送り込まれる。秘剣「鍔落(つばおと)し」が冴え渡り、命がけの戦いの果て、玄之助が掴んだ真実とは。


この男、剣も強いが筆も立つ
瓦版屋の原稿書きで用心棒、弓削玄之助(ゆげげんのすけ)が謎の刺客も江戸の事件も斬りまくる!

藩を二分する暗闘に巻き込まれ、斬殺された妻の志保が最後に残した言葉「え……ど」に導かれ、弓削玄之助は江戸をめざした。瓦版屋に身を寄せて事件の原稿を書きながら、妻の死の真相を探る玄之助のもとに、国元から次々と謎の刺客が送り込まれる。秘剣「鍔落(つばおと)し」が冴え渡り、命がけの戦いの果て、玄之助が掴んだ真実とは。

目次

  • 第一話 鍔落し
  • 第二話 女郎の初恋
  • 第三話 命は七日まで
  • 第四話 冷たい炬燵
  • 第五話 河童のいいぶん
  • 第六話 浮世絵異人
  • 第七話 遺言

製品情報

製品名 剣客瓦版つれづれ日誌
著者名 著:池永 陽
発売日 2014年01月15日
価格 定価 : 本体950円(税別)
ISBN 978-4-06-277720-9
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年10月に小社より刊行されたもの。

オンライン書店で見る