家康、死す(上)

講談社文庫
イエヤスシスジョウ
  • 電子あり
家康、死す(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

家康は身代わりだった! ーー独力で三河一国を平定した家康が、凶弾に倒れた。時に26歳。その死が伝われば、桶狭間で勝った織田信長、甲斐の武田信玄、衰えたとはいえ今川氏真らに挟まれた脆い均衡が揺らぎ、三河存亡の危機を招く。家康の第1の側近・世良田次郎三郎は、広忠寺の住職に収まっていた家康の異母弟・恵最を急遽身代わりとして擁立した。<上下巻>

目次

  • 序章 謀略の銃弾
  • 第一章 岡崎暗夜
  • 第二章 双竜
  • 第三章 六歳の影武者
  • 第四章 ささら
  • 第五章 家康と瀬名
  • 第六章 遠江攻め
  • 第七章 信長と家康
  • 第八章 大敵、迫る
  • 第九章 海狗腎
  • 第十章 源応尼

製品情報

製品名 家康、死す(上)
著者名 著:宮本 昌孝
発売日 2014年01月15日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-277718-6
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年9月に小社より刊行された。文芸事務所三友社の配信により、2008年7月より2010年6月まで、大分合同新聞、デーリー東北、北鹿新聞、岩手日日、夕刊いわき民報、佐賀新聞、津山朝日新聞、有明新報、信州日報に順次連載された同名作品に加筆修正したもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る