戯史三國志 我が土は何を育む

講談社文庫
ギシサンゴクシワガツチハナニヲハグクム
  • 電子あり
戯史三國志 我が土は何を育む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

救いたい、その一心で嫂(あによめ)を手にかけた黄巾(こうきん)の子、廖淳(りょうじゅん)。若き日の劉備に拾われ、関羽や張飛の下で武芸を学び、やがて少年は心底の後悔から自らを解き放つ。そして「三顧の礼」で迎え入れられた諸葛亮。俊才だが変人の軍師に気に入られた廖淳は、武将としての才覚を現していく。まったく新しい三國志、第三弾!(講談社文庫)


意外! ペテン師 劉備!? 痛快! 変人 諸葛亮!?
新しいけど裏切らない。三國志の世界へようこそ。

救いたい、その一心で嫂(あによめ)を手にかけた黄巾(こうきん)の子、廖淳(りょうじゅん)。若き日の劉備に拾われ、関羽や張飛の下で武芸を学び、やがて少年は心底の後悔から自らを解き放つ。そして「三顧の礼」で迎え入れられた諸葛亮。俊才だが変人の軍師に気に入られた廖淳は、武将としての才覚を現していく。まったく新しい三國志、第三弾!

目次

  • 第一章 力を求めて
  • 第二章 恋
  • 第三章 流浪の日々
  • 第四章 逆転
  • 第五章 別離の日々
  • 終章 明日という日

製品情報

製品名 戯史三國志 我が土は何を育む
著者名 著:吉川 永青
発売日 2013年11月13日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-277709-4
判型 A6
ページ数 560ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2012年3月、小社より単行本として刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る