禁中御庭者綺譚 乱世疾走 (下)

講談社文庫
キンチュウオニワモノキタンランセシッソウゲ
禁中御庭者綺譚 乱世疾走 (下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新陰流の使い手、豪商の長男坊、陰陽師家の香道師、役の行者の末裔、男装の女剣士。朝廷の命運までも左右する信長とは、果たして何者なのか? その答えを探し続ける五人は、疋壇城近くで於市御寮人が実兄・信長へあてた密状を入手する。海道作品ならではの、典雅な世界観と豪快な剣戟場面に胸が躍る! (講談社文庫)


新陰流の使い手、豪商の長男坊、陰陽師家の香道師、役の行者の末裔、男装の女剣士。朝廷の命運までも左右する信長とは、果たして何者なのか? その答えを探し続ける五人は、疋壇(ひきた)城近くで於市(おいち)御寮人が実兄・信長へあてた密状を入手する。海道作品ならではの、典雅な世界観と豪快な剣戟場面に胸が躍る!

※本書は、2007年12月に新潮文庫より刊行されたものを上下に分冊しました。

目次

巻の弐 乱 流(承前)
巻の参 乱 脈

ブランコの魔法──文庫新版の跋にかえて


〈上巻 目次〉
巻の壱 乱舞
巻の弐 乱流

製品情報

製品名 禁中御庭者綺譚 乱世疾走 (下)
著者名 著:海道 龍一朗
発売日 2013年05月15日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-277542-7
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年12月に新潮文庫より刊行されたものを上下に分冊した。