嫁の遺言

講談社文庫
ヨメノユイゴン
  • 電子あり
嫁の遺言
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

満員電車でふと自分の手に触れた冷たい手。間違いなく、それは、38歳で死んだ嫁の手だった。生前からちょっと変わったところのある女だった嫁が、どうしても伝えたかったこととは――。不器用だけれどあたたかい人情に溢れ、人間がいっそう愛おしく思えてくる全7篇を収録。(講談社文庫)


こんな話にいま出会いたかった――。期待を集める新進女性作家が贈る珠玉の七篇。

表題作の「嫁の遺言」を読んで“おもしろかなし”と声が出た。「おかえり、ボギー」を読んで今度は“かなしおもしろ”と思った。人生はこのふたつでしかり。見事な短編集である。――伊集院静氏

この短編集は、作家、加藤元の大いなる宣言だ。ちいさく、みみっちく、弱くてずるく、それでいてたくましい、人の姿と営みをあますところなく書いていくのだという、力強い宣言である。――角田光代氏

満員電車でふと自分の手に触れた冷たい手。間違いなく、それは、38歳で死んだ嫁の手だった。生前からちょっと変わったところのある女だった嫁が、どうしても伝えたかったこととは――。
不器用だけれどあたたかい人情に溢れ、人間がいっそう愛おしく思えてくる全7篇を収録。

目次

  • 嫁の遺言
  • いちばんめ
  • あの人への年賀状
  • 不覚悟な父より
  • あんた
  • 窓の中の日曜日
  • おかえり、ボギー
  • あとがき─『嫁の遺言』というおとぎ話

製品情報

製品名 嫁の遺言
著者名 著:加藤 元
発売日 2013年04月12日
価格 定価:713円(本体648円)
ISBN 978-4-06-277522-9
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年6月に講談社から刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る