虚けの舞

講談社文庫
ウツケノマイ
  • 電子あり
虚けの舞
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本能寺の変から十年。天下人となった秀吉は朝鮮出兵の大号令を発した。その前線、肥前名護屋陣(ひぜんなごやじん)にいた二人――秀吉からすべてを奪われた信長の息子・信雄と、秀吉に滅ぼされた北条家の生き残り氏規(うじのり)。この苛烈な時代を二人はいかに生き抜こうとしたのか。絢爛たる桃山文化を背景に描かれる落魄者(らくはくしゃ)たちの戦国絵巻。(講談社文庫)


第34回吉川英治文学新人賞受賞作家!
織田信雄(のぶかつ)が舞う悲しくも滑稽な“虚けの舞”

本能寺の変から十年。天下人となった秀吉は朝鮮出兵の大号令を発した。その前線、肥前名護屋陣(ひぜんなごやじん)にいた二人――秀吉からすべてを奪われた信長の息子・信雄と、秀吉に滅ぼされた北条家の生き残り氏規(うじのり)。この苛烈な時代を二人はいかに生き抜こうとしたのか。絢爛たる桃山文化を背景に描かれる落魄者(らくはくしゃ)たちの戦国絵巻。

※本書は2006年2月に彩流社より刊行されたものを加筆、修正したものです。

目次

  • 第一章 海甸陰風
  • 第二章 水路迷昧
  • 第三章 四水晦冥
  • 第四章 願海無尽

製品情報

製品名 虚けの舞
著者名 著:伊東 潤
発売日 2013年04月12日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-277520-5
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年2月に彩流社より刊行されたものを加筆、修正したもの。

オンライン書店で見る