アマルフィ 外交官シリーズ

講談社文庫
アマルフィガイコウカンシリーズ
  • 電子あり
アマルフィ 外交官シリーズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アマルフィとヴァチカンがつながる時、世界が震え上がる。
周到に計画された少女誘拐には、とてつもない目的があった。
「外交官シリーズ」第1作。

日本とイタリアによる共同開発事業の調印式に出席するため、ローマ入りする外務大臣を警護せよ。特命を受けた外交官・黒田康作が在イタリア日本大使館に着任早々、大使館に火炎瓶が投げ込まれた。そんな折、母親と観光に訪れた日本人少女が誘拐され、黒田は母親とともにアマルフィへ向かう。周到に計画を遂行する犯人の真の狙いとは?
人も国も守る、頼もしき外交官の活躍を描く「外交官シリーズ」第1作。

製品情報

製品名 アマルフィ 外交官シリーズ
著者名 著:真保 裕一
発売日 2013年01月16日
価格 定価:817円(本体743円)
ISBN 978-4-06-277449-9
判型 A6
ページ数 496ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年11月に講談社ノベルスより刊行された「アマルフィ」に「外交官シリーズ」というサブタイトルを付けたもの。

著者紹介

著:真保 裕一(シンポ ユウイチ)

真保裕一(しんぽ・ゆういち)1961年東京都生まれ。91年に『連鎖』で江戸川乱歩賞を受賞。96年に『ホワイトアウト』で吉川英治文学新人賞、97年に『奪取』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞長編部門、2006年『灰色の北壁』で新田次郎文学賞を受賞。他の著書に『おまえの罪を自白しろ』『ダーク・ブルー』、シリーズでは『デパートへ行こう!』『ローカル線で行こう!』『遊園地に行こう!』『オリンピックへ行こう!』の「行こう!シリーズ」がある。本書は『天使の報酬』『アンダルシア』へと連なる「外交官シリーズ」の第1作。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス