義に生きるか裏切るか 名将がいて、愚者がいた

講談社文庫
ギニイキルカウラギルカメイショウガイテグシャガイタ
  • 電子あり
義に生きるか裏切るか 名将がいて、愚者がいた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

敗れ去っても美名を残す者、勝ち残っても罵声を浴びる者。人物たちの真価を決めたのは何か? 関ヶ原の小早川秀秋の寝返りに従わなかった松野主馬、明治の終焉とともに夫に殉じた乃木希典夫人……確かな歴史観と志ある者へのまなざしで定評ある著者が、激動の時代を生き、そして消えていった男たち女たちを記す人物評伝。(講談社文庫)


戦国、江戸、明治……
時代を駆け抜けた者たちの後世の評価を決定づけたのは何か。
関ヶ原。小早川秀秋の裏切りに、叛旗を翻したもののふは?
ガラシャ夫人を守らず、石田三成に寝返った細川家家臣とは?
武田の姫を求めた家康の女狩りに、わが妻を差し出した遺臣は?
新選組池田屋襲撃後、尊王攘夷の旗を降ろし逃げ帰った若殿は?
最後まで倒幕軍に抵抗した庄内兵とともに、果敢に闘った藩は?
年若き藩士たちを会津に送り込み、捨て石にした国家老とは?
……など、公平なる視点と志ある者へのまなざしで定評ある著者が、歴史好きを唸らせる。好評『ロングセラー名将がいて、愚者がいた』に続く歴史エッセイ。

目次

  • 第一部 戦国を生きた男と女
  •  知られざる勇将・松野主馬
  •  細川ガラシャを見捨てた家臣
  •  八丈流人・宇喜多秀家の現地妻
  •  沢橋兵太夫は何処へ
  • 第二部 かくて江戸は過ぎゆく
  •  徳川家康に狙われた姫君
  •  保科正之の母の面影
  •  ふたたびの保科正之――殉死を禁じた背景
  •  空に挑んだカラクリ師たち
  •  望月鴻助の奔走
  •  松平容保の妻はなぜ嘆いたか
  • 第三部 幕末の波乱の陰に
  •  薩摩藩士・海江田信義の仮病
  •  新選組・松山幾之介の行方
  •  池田屋事変余波
  •  『五左衛門坂の敵討』余話
  •  再説・甘利源司の潜入
  •  最後の将軍・徳川慶喜の出処進退
  • 第四部 秘められた戊辰戦争
  •  上総義軍と怨霊騒動
  •  証言から見た近藤勇の就縛前後
  •  名槍流転――宗近の大槍先について
  •  白虎隊を襲った盗賊
  •  戊辰寒河江戦争――東軍の死者について
  •  凌霜隊の脱落者
  •  桑名藩家老・酒井孫八郎のストレス
  •  軍艦「甲鉄」とふたりの義勇
  •  幕末無名戦士たちの肖像
  •  奇兵隊は近代軍隊の原点か
  • 第五部 明治の伝説
  •  会津藩士と「緋色」の記憶
  •  西南戦争と名刀伝説
  •  海軍の「単縦陣戦法」由来
  •  最後の将軍の婿殿、神隠しに遭う
  •  軍神・杉野兵曹長は戦死したか
  • 第六部 明治を駆けぬけた女たち
  •  悲しき毒婦・高橋お伝
  •  女優第一号は芸者出身・川上貞奴
  •  明治と夫に殉じた大将夫人・乃木静子
  •  あとがき

製品情報

製品名 義に生きるか裏切るか 名将がいて、愚者がいた
著者名 著:中村 彰彦
発売日 2012年12月14日
価格 定価:796円(本体724円)
ISBN 978-4-06-277439-0
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1999年1月に角川書店より刊行された「還らざる者たち 余滴の日本史」および1984年10月にダイナミックセラーズ出版より刊行された「明治を駆けぬけた女たち」にそれぞれ収録された著者の歴史エッセイより抜粋、再編集したもの。なお文庫化に際し、「義に生きるか裏切るか 名将がいて、愚者がいた」に改題した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る