猫のあしあと

講談社文庫
ネコノアシアト
  • 電子あり
猫のあしあと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ヘッケとココアが去った町田家に、また一頭、二頭とやって来た猫たち。目が合えば威嚇され、世話をすれば激怒され、平謝りの暮らしが始まった。決死の爪切り大作戦、ケージ移動のために考案したインド風ラジオ体操、「一平ちゃん」をかき込みながらの徹夜の看病。今日もまた生きていく、人間と猫の日々。


拙宅の猫たちと、仕事場の猫たち。別れて暮らす、そのわけは。
ロングセラーフォトエッセイ、未発表写真を増補して文庫化。

ヘッケとココアが去った町田家に、また一頭、二頭とやって来た猫たち。目が合えば威嚇され、世話をすれば激怒され、平謝りの暮らしが始まった。決死の爪切り大作戦、ケージ移動のために考案したインド風ラジオ体操、「一平ちゃん」をかき込みながらの徹夜の看病。今日もまた生きていく、人間と猫の日々。

目次

  • 仕事場の猫たち
  • ニゴとトラ
  • ケージの引っ越し
  • トラの恢復を祈る
  • 猫に説法
  • カスタマイズ
  • トラの引っ越し
  • 猫とギター
  • トラ丸くなる、しかし……!
  • 爪切り大作戦
  • ステテコおっさんの悲劇
  • 手術、いざ!
  • 丸目・丸顔
  • いつの間にか命名
  • 猫も外見で判断してはいけない
  • 消失マジックを習得し、ついに脱柵か
  • ヘッケ一族の奇妙な習性
  • ウメチャン、不当な扱いに黙す
  • ウメチャン引っ越し作戦、開始
  • インド風ラジオ体操、そして流し素麺
  • 難儀した引っ越し作戦はあっけなく完了
  • 忙しいことはよいことだ
  • ウメチャンの異変
  • 苦痛の中でなお身構える、悲しい本能
  • 六月のある朝、ウメチャンは逝った
  • ウメチャンはヘッケの隣に眠る
  • 猫と違って人間はいろいろ難しい
  • インターネットの中の猫たちと、私の利己主義
  • 「うーん。どうかなあ」
  • あまりにも小さな黒猫
  • 黒猫エルの危機
  • 助かる、とはいえない状態
  • エル、危機を脱する
  • 奈奈、エルの姿を認める
  • ありうべからざることが起きている
  • ついにエルが自力で餌を食べた
  • ちっともやる気が起こらぬ日の出来事
  • 明け方に響く異様な音の正体
  • 猫にだけ見える廊下があるのかも知れない
  • ゲンゾーは爪をぼろぼろにして戻ってきた
  • 待ってくれ。俺を置いていかないでくれ
  • ゲンゾーはただじっと目をみひらいていた
  • 秋の午後二時、ゲンゾーは逝った
  • ゲンちゃん、寄り道しちゃ駄目よ
  • ゲンゾーの死因に、自責の念
  • 単行本あとがき

製品情報

製品名 猫のあしあと
著者名 著:町田 康
発売日 2012年12月14日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-277423-9
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年10月、小社より単行本として刊行された。

著者紹介

著:町田 康(マチダ コウ)

作家・パンク歌手。1962年大阪府生まれ。高校時代からバンド活動を始め、’81年に伝説的なパンクバンド「INU」を結成、『メシ喰うな』でレコードデビュー。’92年に処女詩集『供花』刊行。’96年に発表した処女小説「くっすん大黒」で野間文芸新人賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。2000年「きれぎれ」で芥川賞、’01年『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、’02年『権現の踊り子』で川端康成文学賞、’05年『告白』で谷崎潤一郎賞、’08年『宿屋めぐり』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。近著『バイ貝』『ゴランノスポン』『スピンク日記』『猫とあほんだら』『どつぼ超然』『人間小唄』他、著書多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る