阿修羅

講談社文庫
アシュラ
  • 電子あり
阿修羅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

知彦の妻、実佐子に明らかな異変が現れたのはハワイの旅先であった。夫にもまったく知らない顔を見せる実佐子。急遽旅先に診療にむかった主治医杉本は、ついに解離の症状が本格的に現れたと診断する。自由奔放な知美、落ち着いた情緒の絵里・・・・異なる性格が現れる解離性同一性障害(DID)という、現代を象徴する難しい病理に切り込み、トラウマや記憶の奥から浮かびあがる心の闇に光を当てる意欲作。


妻は三つの「わたし」を生きていた。
交叉する三つの人格に対峙する、夫と医師。
それぞれの「わたし」という物語はいかに紡がれ、いかに統合されていくのか?
幾つもの人格が解離し、しかも同居する精神―日本でも増えつつある「解離性同一性障害」という心の病いをテーマに挑んだ、僧侶にして芥川賞作家の最高傑作小説。
記憶と意識、情念と無意識の狭間を行き交う人間の心の不思議に、文学は救いの手を差し伸べられるのか?
「この病気の方に実際にお会いした印象は今でも忘れられない。そして、知れば知るほど、あまりに文学的な病いであることに驚嘆した。無意識に『わたし』の都合でまとめられる人格と、そこからはみだし解離していく『わたし』たちの物語を、私は何年かかっても書きたいと思った。現代は解離の時代である」 ―玄侑宗久
「阿修羅像を多重人格として読み替える美しくも大胆な試み。小説家の想像力がまたひとつ『解離』の扉を開けた」 ―斎藤環(精神科医)

製品情報

製品名 阿修羅
著者名 著:玄侑 宗久
発売日 2012年12月14日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-277415-4
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社創業100周年記念書き下ろし作品として2009年12月に刊行されたもの。

著者紹介

著:玄侑 宗久(ゲンユウ ソウキュウ)

(げんゆう・そうきゅう)1956年(昭和31年)、福島県三春町生まれ。慶應義塾大学文学部中国文学科卒業。京都天龍寺専門道場に入門。現在、三春町・臨済宗妙心寺派、福聚寺住職。2001年、『中陰の花』で第125回芥川賞を受賞。以来、小説、エッセイ、対談集など旺盛な著述活動を行っている。おもな著書に、小説では『リーラ神の庭の遊戯』、『龍の棲む家』、『テルちゃん』など、仏教や禅にまつわる著作に『禅的生活』、『死んだらどうなるの』、『慈悲をめぐる心象スケッチ』、『現代語訳般若心経』など、また『あの世この世』(瀬戸内寂聴と共著)、『脳と魂』(養老孟司と共著)など対談集も多い。京都花園大学国際禅学科客員教授。

オンライン書店で見る