山姫抄

講談社文庫
サンキショウ
  • 電子あり
山姫抄
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

逃げたいのに、逃げればいいのに、逃げない女。山に消えた女たちの「山姫伝説」が残る奥深い田舎町で、女は一風変わった男とともに暮らし始めた。男の秘密と凶暴性が徐々に顕わになっていく。『誰もが知っていても決して言いはしない』『一族の秘密はこうして守られる』現代になお残る、閉鎖社会の無言の不気味さ。男の妻も、母親も、謎の失踪をとげていた――。逃げるしかない。生き延びたいならば。


第4回小説現代長編新人賞受賞の大型新人。
選考委員/石田衣良氏、伊集院静氏、角田光代氏、重松清氏、杉本章子氏、花村萬月氏

逃げたいのに、逃げればいいのに、逃げない女。
山に消えた女たちの「山姫伝説」が残る奥深い田舎町で、女は一風変わった男とともに暮らし始めた。男の秘密と凶暴性が徐々に顕わになっていく。
『誰もが知っていても決して言いはしない』『一族の秘密はこうして守られる』
現代になお残る、閉鎖社会の無言の不気味さ。男の妻も、母親も、謎の失踪をとげていた――。
逃げるしかない。生き延びたいならば。

「山姫」とは、この地方では、誘い寄せられて、そのまま山奥に住み着いてしまう女たちを指す。各地にも「山姫」の伝承は様々な形で伝わっている。あるいは山の守り神であり、あるいは山姥の異名であったりもするが、この地方における「山姫」には特別な霊力や利益といったものはない。単に山に呼ばれ、帰って来なくなった女たち、御母乳山の神に召された女たちをそう総称したのである。――<本文より>

目次

  • 第一章 旅の人
  • 第二章 蟹
  • 第三章 山
  • 第四章 煙火
  • 第五章 神社
  • 第六章 沼
  • 第七章 山姫(一)
  • 第八章 山姫(二)
  • 第九章 落雷
  • 第十章 白い蛇
  • 第十一章 桜の幽霊

製品情報

製品名 山姫抄
著者名 著:加藤 元
発売日 2012年12月14日
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN 978-4-06-277403-1
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「第四回小説現代長編新人賞」を受賞し、単行本として2009年10月に小社より刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る