日光殺人事件

講談社文庫
ニッコウサツジンジケン
日光殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

華厳(けごん)の滝の白骨死体と明智光秀伝説 時空を超えた二つの謎を浅見光彦が追う!

“天海僧正=明智光秀説”を取材するために日光を訪れた浅見光彦は、光秀との因縁を辿り、日光山麓の大牧場主、智秋(ちあき)家に行き当たる。だが、ほどなく失踪していた智秋家の次男・次郎の白骨死体が華厳の滝から発見されるのだった。次郎が傾倒していた短歌同人の世界に不審を抱く浅見が、事件の真相に迫る。

※本書は、1988年2月にカッパ・ノベルスとして刊行され、1990年11月に光文社文庫に収録された後、2001年3月に角川文庫から刊行されたものです。

製品情報

製品名 日光殺人事件
著者名 著:内田 康夫
発売日 2012年10月16日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-277392-8
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1988年2月にカッパ・ノベルスとして刊行され、1990年11月に光文社文庫に収録された後、2001年3月に角川文庫から刊行されたもの。