猫の神様

講談社文庫
ネコノカミサマ
  • 電子あり
猫の神様
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

彼が死んだのは、暖かい春の陽射しが射し込む、穏やかな朝だった。十年と八ヶ月一緒に暮らしたというのに、それはとてもあっけないお別れだった…ぎじゅ太が死んでからというもの、僕は毎日を呆然と過ごした。僕の薄い膜の中に入って来れるのはみャ太だけだった…こいつは長生きするだろう。これから先、ずっと長い間可愛がって、二人仲良く暮らして。でもそうはならなかった。独身ライターとその小さな家族の、愛と孤独の物語。


彼が死んだのは、暖かい春の陽射しが差し込む、穏やかな朝だった。十年と八ヶ
月一緒に暮らしたというのに、それはとてもあっけないお別れだった......ぎ
じゅ太が死んでからというもの、僕は毎日を呆然と過ごした。僕の薄い膜の中に
入って来れるのはみャ太だけだった......こいつは長生きするだろう。これから
先、ずっと長い間可愛がって、二人仲良く暮らしていけるはずだ。でもそうはな
らなかった。おそらくこの時すでに、彼の身体の中では異変が起こっていたの
だ。

目次

  • プロローグ
  • 第1章 葬送の日
  • 第2章 猫の神様
  • 第3章 初春
  • 第4章 君は大きな存在
  • 第5章 一進一退
  • 第6章 晩秋へ
  • 第7章 戦い
  • 第8章 最後の日々
  • 第9章 猫の神様、再び
  • エピローグ
  • 謝辞
  • あとがき

製品情報

製品名 猫の神様
著者名 著:東良 美季
発売日 2012年11月15日
価格 定価 : 本体476円(税別)
ISBN 978-4-06-277380-5
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 著者のブログ日記「毎日jogjob日誌」とwebコラム「追想特急~lostbound express」に掲載された文章に加筆・修正・書下ろしを加え、2007年単行本「猫の神様」として新潮社より刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る