己惚れの記

講談社文庫
ウヌボレノキ
己惚れの記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

その男はどうしようもなく己惚れていた。天保の改革期、主君水野忠邦の理想を実現するためには、愚か者と揶揄されても己の信じる道を貫くしかないからだ。その周囲では、特異な生い立ちを持つやくざ者や血に飢えた剣客たち、欲に憑かれた大奥女中らの思惑が交錯し、忠と義の物語は一気に加速していく! (講談社文庫)


時代小説の目利きたちが絶賛した傑作!

その男はどうしようもなく己惚(うぬぼ)れていた。武士が滅びようとする天保の改革期、主君水野忠邦の理想を実現するためには、愚か者と揶揄されても己の信じる道を貫くしかないからだ。特異な生い立ちのやくざ者や血に飢えた剣客たち、欲に憑かれた大奥女中らの思惑も交錯し、忠と義の物語は一気に加速していく!

※本書は2009年8月、小社より単行本として刊行された『己惚れの砦』を改題したものです。

製品情報

製品名 己惚れの記
著者名 著:中路 啓太
発売日 2012年09月14日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-277364-5
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年8月、小社より単行本として刊行された「己惚れの砦」を改題したもの。

書店在庫を見る