天狗童子

講談社文庫
テングドウジ
  • 電子あり
天狗童子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

笛の名手である与平は、あるとき天狗様から、子供のカラス天狗に笛を教えてやってほしい、と依頼される。九郎丸という少年は、不思議なカラス蓑を脱ぐと、人間の姿に早変わり。このカラス蓑がなくなると、カラス天狗の姿に戻れない、と聞く。そして、与平と九郎丸との師弟生活が始まった。次第に九郎丸への愛情がふくらんだ与平は、カラス蓑を焼き捨ててしまおうとするが……。鎌倉・室町時代の背景を見事にとらえ、赤い鳥文学賞を受賞した、戦国歴史ファンタジー。
◎コロボックルシリーズを生み出した佐藤さとるによる新作! ーーファンタジーのさきがけ、「鬼が島通信」連載時から単行本、ソフトカバー、そして文庫版になるまで改稿に改稿が重ねられた渾身作。鎌倉・室町時代背景の中、師弟関係の愛情、カラス天狗同士の友情、戦が続く混乱の世で生きた人々を見事に描き、村上豊氏の挿絵とともに赤い鳥文学賞を受賞。今までになかった歴史ファンタジー。

製品情報

製品名 天狗童子
著者名 作:佐藤 さとる 絵:村上 豊
発売日 2012年07月13日
価格 定価:713円(本体648円)
ISBN 978-4-06-277304-1
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「天狗童子 本朝奇談」は2006年にあかね書房より刊行された。本書は2009年に同社より刊行された「完全版・本朝奇談 天狗童子」をもとに、改題し文庫化したもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る